FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

竹峰誠一郎さんのマーシャル諸島論 2

土地と生活の結びつき―マーシャル諸島の土地事情(後編)

アジア開発銀行は『マーシャル諸島 私営企業の分析――改革を通じた成長の促進』と題した報告書を2003年発表し、土地制度改革の必要性がマーシャル諸島政府に勧告されました。マーシャル諸島の土地に担保価値がつけられない、土地の賃貸制度が十分確立していない、これでは外資が呼び込める経済環境とはいえず、経済成長ができないというわけです。

また駐マーシャル諸島日本大使館で専門調査員を務めた黒崎岳大氏は「都市部で、従来の権威、土地支配にとらわれない新たな有権者が急増」しているとも指摘します。前編で紹介したマーシャル諸島の土地制度は、過去のものとなりつつあるのでしょうか。

マーシャル諸島共和国にはパスポートがあれば入国できますが、地方の島々を訪れるには、パスポートより大切なものがあります。それは事前の承諾です。明文化されていませんが、書類よりも口約束が大きな意味をもち、直接会うことが大切です。

土地の権利者との関係性を損ねて、スーパーが閉鎖に追い込まれることがありますし、学校が一時閉鎖されたり、牧師が島から追い出されたりすることもあります。マーシャル諸島の土地制度は、排他的な側面をもっています。

こういえば否定的な印象をもたれた方もいるでしょう。ただ反面「生物多様性」に馴染みのある言葉を使えば、マーシャル諸島の土地制度は「外来種」の無秩序な流入を防いでいるともいえます。

またマーシャル諸島の土地は、外に絶えず閉じているわけではありません。ニライカナイの思想なのか、「来るものは誰でも迎えるのが、この地の習わし」とある住民は語ります。家族同然のように私を受け入れた地域もありました。地域で濃淡はありますが、マーシャル諸島の土地は、見知らぬものでも受け入れる懐の深さも併せもっているといえます。

先に紹介したアジア開発銀行の報告書で、マーシャル諸島の土地制度は経済成長の阻害要因だと捉えられています。現金経済が浸透するなかで、今の土地制度は経済活動の自由を奪う側面があることは確かです。しかし現金経済だけでなく、地方を中心に息づく自給経済も、併せてとらえなくては、マーシャル諸島全体の経済の実像は見えてはきません。

マーシャル諸島のとりわけ北部の土地は、タロイモすら育ちにくい土壌で、豊かな植生とは言えません。しかし土地から生産された希少な植物を多彩に有効利用する知恵を島の人はもっています。

ココヤシを例に説明しましょう。ヤシの実はまるで出世魚のように、成長段階に応じて、「ニー」「ワイニー」「ユー」と名を変えます。成長段階に応じて、飲料や食料、さらにはヤシ油の原料となるコプラ生産など多様な用途に、実は用いられます。殻はコップや細工物にもなります。細かく刻むと炭火にもなります。樹液は飲料になり、酒や酢にも変身します。葉は編んで皿や敷物になります。葉の茎からは、真っ白な糸が紡ぎだされ、手工芸品をつくるのに欠かせません。樹皮は火おこしのときに重宝しますし、枝はホウキにもなります。ヤシ一つでも、これだけ生活を支えているのです。

環礁をとりまく小さな島々は、大半が無人島ですが、ここも生活には欠かせない土地です。植物や海鳥の採取、あるいはコプラ生産、さらにはレクリエーションの場としても活用されます。「里地」とでも言えましょうか。総有制の土地の権利がここにも設定されています。無人島は無主地ではありません。

生活圏は海にも広がりをもっています。環礁の内側にひろがる礁湖・ラグーンは、漁労の場としての利用はもちろんのこと、第二の生活場ともいえる「小さな島々」と「居住地」をむすぶ「海の道」にもなっています。その環礁に土地の権利をもつ人全員にラグーンは開かれています。

では都市に暮らす人はどうなのでしょうか。マーシャル諸島でも、自分の土地を離れ、都市に暮らす人が増えています。都市で給与生活を送る人は一見、自分の土地との関係性が切れているように見えます。

しかし自分の土地がある所から首都マジュロに出てきていても、大半の人は、「マジュロの人」だとは自己規定しません。自分の土地がある地域の名を出して「●●の人」だと自己紹介をするのが一般的です。たとえ都会で生まれ育った人も大半はそうです。自分の土地は、自己のアイデンティティーを形成する源になっているのです。

マーシャル諸島では、住んでいなくても、自分の土地がある場所を自分の選挙区に設定することができます。 2003年の総選挙では60%弱の人が、居住はしていないが自分の土地がある所を自分の選挙区にしていました。

自治体も、同じ環礁に住む人よりも、同じ環礁に土地の権利をもつ人の集合体との側面を強くもっています。どこに住むかより、どこに土地の権利をもっているかが、マーシャル諸島の社会ではまだまだ重要なのです。

マーシャル諸島共和国憲法では、第10条で、土地の伝統的権利は慣習に基づき維持され、土地の譲渡や処分は合法的ではないと規定されています。さらに第6条で伝統権利裁判所が設けられ、土地の権利調整が慣習に基づき図られる仕組みが憲法上規定されています。

以上で見てきたように、土地の制度改革を求める声や、首長の権威の低下、現金経済化、さらには人口が都市に流れる傾向がマーシャル諸島でもありますが、土地と人びとの生活はまだまだ深く結びついています。土地の慣習を踏襲し近代国家の形成がなされている点も注目されます。

(マーシャル諸島を知ってみたい方へ)
中原聖乃・竹峰誠一郎[2007]『マーシャル諸島ハンドブック―小さな島国の文化・歴史・政治 』凱風社
スポンサーサイト



<< 竹峰誠一郎さんの里海論レジュメ | ホーム | 竹峰誠一郎さんのマーシャル諸島論 1 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP