FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

奄美大島名瀬の親子ラジオ

3月11日の南海日日新聞で「親子ラジオ」について書かれてありましたので、お伝えします。
南琉球ではすでに消滅してしまったようですが、「親子ラジオ」はその名前も心温まります。




木製の小さなスピーカーから流れる新民謡や島唄のメロディー。奄美市名瀬の市街地をエリアに放送を続ける「親子ラジオ」が、来年で開局六十周年を迎える。
大島紬の織り技術者を中心に、庶民の日常に溶け込んできたささやかな娯楽だが、現実的には、紬産業の衰退に歩調を合わせるかのように、ラジオの設置台数も減少の一途をたどっている。

 親子ラジオは米軍共同聴取施設を活用した有線ラジオで、戦後、沖縄や奄美で開設された。

 奄美市の親子ラジオは、同市の名瀬市街地を中心に、浦上町、平田町、小宿の三方までをエリアとしている。島唄や昭和前半の歌謡曲を中心に、出船・入船、時期によっては市議会の様子も放送する。

受信機の設置時に三千円がかかるが、それ以外の負担は毎月の受信料千五十円だけ。電気料も利用者の負担にはならない。

 発信元は名瀬鳩浜町の大洋無線。現社長の岡信一郎さん(62)の父・源八郎さん(故人)が、戦後間もない一九五二年、米軍政下の奄美で創業した。復帰後の六三年には奄美でもNHKテレビが見られるようになったが、奄美ではすぐに受像機を購入して恩恵を受けられる市民は少なく、手軽に聴ける親子ラジオは庶民の間に広く浸透したという。

 特に重宝したのは、基幹産業の大島紬製造に携わる織り技術者たち。当時、市内には多数の紬工場があり、どの工場にも親子ラジオが据え付けられていた。

 岡さんによると、紬の生産反数と比例するかのようにラジオの設置数も増加。反数が二十九万七千六百二十八反とピークを迎えた七二年には、設置台数も三千五百を超えたという。

 ところが、近年の紬不振で生産反数が減少。織り技術者も少なくなり、設置台数は二〇〇〇年に千九百四十四、〇四年に千三百三十まで激減。現在はついに約六百まで落ち込んだ。

 「このままでは、奄美の文化と共に歩んできた親子ラジオの歴史が終わってしまう」。岡さんの友人で、自らも大島紬業を営む重村斗志乃利さん(58)ら有志は、親子ラジオを「絶滅危惧(きぐ)希少企業」とネーミングし、存続へ向け動き始めた。高校生によるバンド出演など、新たな構想も練っているようだ。
 
運営資金は受信機の設置費用と毎月の受信料のみ。「二人の従業員の給料を支払うと、自分の食べる分も残らないのが現状」と話す岡さん。

一方「親子ラジオは沖縄にも既に残っていない。日本でただ一つの貴重な放送手段の火を消したくはない」と六十年の節目を前に、表情を引き締めた。

 同市名瀬井根町の紬工場。今も木製の受信機が、奄美の文化を流している。四十年以上、織りに携わっているという女性(65)は「ラジオからの懐かしい音楽は心地良いね。作業がはかどる」とほほ笑んだ。
スポンサーサイト



<< ツバル人の移住、太平洋諸島における失業問題、フランスと太平洋諸島との関係強化 | ホーム | 竹峰誠一郎さんの里海論レジュメ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP