FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ミクロネシア人の米軍人、パプアニューギニアと中国、フィジーと台湾

昨年、6月,7月の太平洋諸島のニュースです。
米国と自由連合協定を結んでいる、パラオ、ミクロネシア連邦、マーシャル諸島の国民は米軍に入隊できます。イラクなどの戦地でもこれらの島国の若者が死亡し、傷ついています。



6/27 PIR News Release from Embassy of the United States of America in FSM
 ミクロネシア連邦から29人の青年が米陸軍に入隊した。

ポンペーイにおいて、29人のミクロネシア人青年が米陸軍入隊の宣誓を行った。 米国とミクロネシア連邦の間で締結された自由連合協定により、ミクロネシア連邦の国民は米軍に入隊することができる。

入隊すれば、教育、収入、保険、医療、技術訓練、旅行などの様々な機会を得ることが可能になる。新隊員は、米国において基本的な訓練や、歩兵訓練、ロジステックス、メンテナンス、医療活動、セキュリティー等の業務訓練を行う予定である。


パプアニューギニアと中国との経済的関係は非常に深まっており、木材をはじめ多くの資源が中国に輸出されています。



7/4 PIR /The National
パプアニューギニアからの全木材輸出の89%は中国向けである。

パプアニューギニアと中国との貿易と投資に関するシンポジウムにおいて次の事実が明らかになった。

2000年に比べるとパプアニューギニアの中国に対する木材の輸出額は3倍に増加し、その結果、日本や韓国に代わって、中国が木材の主要な輸出先国となった。昨年は全木材の89%は中国に輸出され、10億米ドルの収入を得ることができた。

木材や木製加工品の輸出額は、同国のGDPの6%を占め、財政収入、税収、雇用等の経済効果を地域社会に与えている。


フィジーと外交関係を結んでいるのは中国ですが、台湾政府の外交拠点も同地におかれており、台湾企業の活発な投資もみられます。日本よりも、中国、台湾の人や企業の投資、活動が存在感を顕著に示すようになっています。


7/16 PIR /Fijilive
フィジーの主要産業に対して台湾の投資家が関心をもっている。

台湾から12人の投資家がフィジーを視察し、観光業、農業、林業、製薬業等における投資可能性について調査を行っている。

視察団の1人はすでにフィジーにココナッツオイル加工会社を設立し、製品を台湾に輸入しようとしている。

他の投資家はミネラルウォーターの製造に関心を持っている。台湾の関係者は、フィジーは観光地としてだけではなく、投資対象地としても有望な国であると述べた。フィジーに対する他国の投資活動が減少しているなかで、台湾投資家の視察が歓迎されている。

スポンサーサイト



<< フィジーのルックノース政策、フィジーの貧困問題、マーシャル諸島の基地経済 | ホーム | ツバル人の移住、太平洋諸島における失業問題、フランスと太平洋諸島との関係強化 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP