FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

05/10のツイートまとめ

matusima3455

学習会終了後、ある京大生が「金関は盗掘者でない」と言った教員と議論してくれました。琉球人の人権を無視して研究しても問題ないとする研究者は、琉球人の人権を無視して基地を建設する日本政府と同じです。植民地主義と我々は闘っているのです。 https://t.co/Qk8E4IivUp
05-10 07:55

駒込さんには、2年前に松島泰勝が提出した2回の「人骨実見申請書」の保証人になって下さり、今回の学習会での会場設営、チラシ作成、資料印刷等、大変お世話になりました。吉田寮問題、立て看問題等、学生とともに行動する研究者です。 https://t.co/L5sf08HjZI
05-10 07:42

最後の質疑応答の際、様々なご意見や質問が寄せられました。アイヌ民族の青年も質問して下さいました。中には金関や京大当局の行為を正当化する京大教員もおりました。松島泰勝は、今後とも、そのような方とも真摯に対話したいです。 https://t.co/xmp6QdRLXu
05-10 07:34

冨山さんとは、2年前に本問題について初めてのシンポを同志社大学で開催した際に大変お世話になりました。大学が琉球人を遺骨を返還しない背景にある学知を巡る資本主義の欲望について話されました。本問題は政治経済的な問題でもあるのです。 https://t.co/6LOvly7bbW
05-10 07:25

松田さんとは学振の研究会で松島泰勝が本問題について報告した時にお会いしました。文化人類学者として京大当局の対応の酷さを、国際的な潮流、学会動向から明言されました。この問題が植民地主義の問題であると考える教員が増えることを期待します。 https://t.co/WhuCS29kJG
05-10 07:16

訴訟支援全国連絡会の山内事務局長が、遺骨返還運動の社会的意義についてお話して下さいました。心に響くお話でした。来場者の方々からは訴訟支援のための多くのカンパを頂戴しました。原告団長として松島泰勝は心よりお礼申し上げます。 https://t.co/yPH03Q2s3d
05-10 07:08

昨晩は、京大で遺骨返還問題について講演をしました。130名以上の方々が参加して下さいました。これまでこの問題で来た時には大学当局によって一蹴されるという差別を受けてきた者にとって貴重な「対話」の機会でした。実行員会の皆様に感謝します。 https://t.co/3M2ftFzx8f
05-10 06:57

今、松島泰勝は京大での学習会を終えて電車の中です。京大の植民地主義の根深さを改めて実感。それを変えようとする方々との出会いを大切にしたいです。
05-10 00:27

スポンサーサイト



<< 05/11のツイートまとめ | ホーム | 05/09のツイートまとめ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP