FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フィジーのルックノース政策、フィジーの貧困問題、マーシャル諸島の基地経済

昨年7月の太平洋ニュースをお伝えします。
かつて、マレーシアのマハティール首相が日本の経済発展に注目する「ルックイースト」を掲げましたが、フィジーは北にあるアジア諸国に関心を寄せる「ルックノース」政策を進めています。その課題についてのニュースです。


7/22 PIR /Fiji Times
フィジーの「ルックノース」貿易政策によって経済利益が上がっていない。

フィジー政府による「ルックノース」貿易政策が実施されて7年たつが、輸出市場の拡大という点からみて何ら進展がみられない。

南太平洋大学のガニ准教授は次のように指摘している。「フィジーとアジアとの貿易関係は、フィジーの長期的な経済成長という面において重要である。しかし、アジア重視のルックノース貿易政策は期待された経済利益を生んでおらず、むしろアジア諸国からの輸入額が増大し、フィジーの輸出市場の拡大につながっていない。中国向けのフィジーの輸出額は減少している。

フィジーは、アジア諸国における人々の所得増大という状況を活用して、積極的にアジア市場への輸出を促すべきである。」


かつて私がフィジーに行った時、スラム街に行きましたが、都市部の貧困問題は現在でも深刻化しています。


7/22 PIR /FijiSUN
フィジー人口の35%が貧困状況におかれている。

フィジーの貧困者の中でも最も貧困状況にあるのが、農村地域に住むインド人であり、彼らの44%が基本的必要貧困線以下の状態で生活している。

南太平洋大学のナーセイ教授は、新著『フィジーにおける貧困の数量的分析』において以上の事実を明らかにした。

同教授は次のように述べている。「フィジー政府はアジアとの貿易重視を訴えるノースルック政策を実施しているが、むしろ国内における貧困問題の解決を重視すべきである。土地利用改革を早急に進める必要がある。

また、フィジー政府は、公的部門、雇用、教育、その他の分野における民族差別政策を撤廃しなければならない。民族的差別が貧困をもたらしている。」


琉球と同じくマーシャル諸島にも米軍基地があり、基地経済が形成されています。ミサイル迎撃実験を行っており、米国の軍事戦略上の拠点になっています。


7/24 PIR /Yokwe Online PIR
マーシャル諸島のクワジェリン環礁で働く米軍基地雇用員が削減される。

今後5年間で、クワジェリン環礁にある米軍基地において働いている軍雇用員が削減される予定である。

それによりマーシャル諸島経済にも深刻な影響を与えるだろう。同国は石油価格の高騰というエネルギー危機の影響をすでに被っており、今月初めに「経済緊急状態」を宣言した。

米軍基地の軍雇用員は2012年までに現在の1000人から700人に削減される予定である。それにともない、同国の給与税等の税収も400万米ドルから250万米ドルに減少するだろう。

クワジェリン環礁は97の島々から構成されるが、そのなかで11の島を、第二次世界大戦後、米国政府が賃貸し、「ロナルドレーガン実験場」として米軍ミサイル実験を実施している。
スポンサーサイト



<< 北中城村の自給自足のこころみ | ホーム | ミクロネシア人の米軍人、パプアニューギニアと中国、フィジーと台湾 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP