FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『苦い砂糖』の紹介

奄美大島在住のジャーナリスト、原井一郎さんの『苦い砂糖―丸田南里と奄美自由解放運動』高城書房をご紹介します。

原井さんには奄美大島で何回かお会いし、また学生にも奄美諸島の近代史、砂糖生産によって苦しめられた人々の生活、島津藩と琉球王国によって支配・搾取された島々の歴史等について話していただきました。

本書の289ページには次のように記されています。
「奄美の歴史書に目を通して、まず心に突き刺さるのは「徳之島で餓死者三千人」といった記事があまりに簡略に提示されていることだ。

悲劇はそれだけにとどまらない。繰り返し繰り返し、執拗に島々を襲ったおぞましい災厄が淡々と感情なく綴られている。

おびただしい死者の群れをなぜもっと告発する、怒りや悲しみが表現されないのか。

そのいちいちに付き合っていては歴史は見通せないとでも言うのだろうか。本書を書きすすめることになった動機はたぶんそんなところからだったように思う。」

奄美諸島の人や歴史に対する強い思いが伝わってきます。

本書では、丸田南里を中心にした島の人々が鹿児島商人による砂糖支配を打破するために立ち上がった「勝手世運動」について記されています。

島の窮状を解決できるのは島人であることを身をもって示しているといえます。

現在の琉球のシマジマに住む人々にとっても勇気と希望を与えてくれる歴史的事実です。


本書の構成は次の通りです。

プロローグ
1.夜明け前
2.幕末動乱のうねり

3.南里の決起
4.終わらぬ闘争
エピローグ

スポンサーサイト



<< 早大講義お礼と、「ゆいまーる」の準備 | ホーム | 『奄美の振興開発-住民からの検証』の紹介 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP