FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

北マリアナ諸島の衣料工場、グアム大学と海兵隊移設、マーシャル諸島の海面上昇問題

昨年の6月の太平洋諸島ニュースをお伝えします。
8年前にサイパンに行きましたが、その時には多くの衣料製造工場があり、アジア人の女性たちが労働者として働いていたのを見ました。世界経済の動き、経済体制・環境が変わると、島の経済はひとたまりもありません。依存経済の怖さを示しています。



PIR /Saipan Tribune
北マリアナ諸島の衣料製造企業の倒産が増えている。

米連邦政府による最低賃金上昇の制度が、過去18カ月間における、北マリアナ諸島の衣料製造業倒産の最大の原因であるといえる。

衣料製造業の倒産とともに北マリアナ諸島政府の財政収入も大きく減少している。WTOの加盟諸国において生産割当の制限撤廃もまた同産業衰退の原因である。

2003年ごろから同産業の衰退が始まった。価格の安い、アジア諸国で生産される衣料品との競争に敗北するようになった。電気代、輸送コスト、労賃、原材料費、製造コストにおいて北マリアナ諸島で生産される衣料品が割高になったのである。

現在、操業を続けている企業で働いている従業員総数は1751人であるが、最盛期の全従業員数は1万6千人である。


琉球にある、ある大学は基地関連の補助金によって大学内施設が建設されています。かつてグアム大学に行った時、迷彩服を着た学生が大学で学び、大学内には軍事演習施設がありました。海兵隊のグアムへの移設が、「大学の自治」にも影響を与えています。



6/25 PIR /Pacific Daily News
グアム大学が基地増強計画から利益を得ようとしている。

グアム大学のアンダーウッドグアム大学学長は、グアム商工会議所の会議において、大学の将来像について次のように語った。

「沖縄からの海兵隊、その家族の移転により、大学において看護、教育、環境科学、ソーシャルワーク等において教育需要が増大することが考えられ、大学もその需要に応えることができるように体制を整備する必要がある。グアムにこれから起こる変化に対応できるようなモデルはどこにもない。」


かつてマーシャル諸島のマジュロ島に行った時、海面が海砂を払い、岩盤が露出し、ヤシの木が海側に傾斜している風景を見ました。地球温暖化問題は島の人々にとって自らの生存にかかわる問題になっています。


6/25 PIR /Yokwe
マーシャル諸島出身の男性が気候変動問題の証言者として活動している。

数百人の国際的組織、市民社会のリーダーたちがスイスジュネーブに集まり、気候変動問題について今週、会議を行っている。

地球人道フォーラムの第1回会議が開催され、「気候変動の証言者」として、被害を受けている地域の代表5人が会議でスピーチを行った。

その中にマーシャル諸島から参加したビン氏がいた。ビン氏は次のように述べた。「私は大変怒っている。私の土地はどこいったのか。あなたがたは何をしてくれたのか。私の土地を返してくれ。

私の先祖は自分たちの手で自分が食べるものを育ててきたが、今は米国から輸入された缶詰を食べるようになった。」
スポンサーサイト



<< フィジーとインド・EU,ソロモン諸島女性による自治、台湾の太平洋戦略 | ホーム | 中国の対トンガ援助、仏領ポリネシアの基地、パプアニューギニアの草の根銀行 >>


コメント

衣料の製造

初めて連絡させていただきます、(株)リープスアンドバウンヅの青柳と申します。東京都において、衣料の企画、生産、販売を行っております会社になります。
このたび、ハワイ、サイパン、グアム、北マリアナ諸島において、衣料の製造背景を探しております。以前、ハガッニャ日本総領事館にも問い合わせをさせていただき、グアム、サイパンでの衣料品の製造工場の現在の状況を教えていただきました。非常に厳しい状況で、工場のほうも閉鎖していることは報告としていただいております。
その中で、何か情報をいただければと思い、図々しく、連絡させていただきました。
お忙しかと存じますが、何か良いアドバイスがあれば教えてください。事業の大枠は、グアム、サイパン、北マリア諸島での衣料の生産を行い、日本への輸出を考えております。何卒、よろしくお願いいたします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP