FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フィジーとインド・EU,ソロモン諸島女性による自治、台湾の太平洋戦略

昨年5月の太平洋諸島のニュースをお伝えします。
フィジーは1874年にイギリスの植民地になり、インドから多くのインド人が入植し、サトウキビ産業に従事しました。現在でもインド人がフィジー国民の半分近くを占めます。フィジーから産出される砂糖の主要市場はEUであり、保護措置によって輸出市場が守られています。琉球の製糖業と似た性格ともっています。


5/1 PIR /Fijilive
フィジーはインドから砂糖を輸入し、自国産の砂糖をEU諸国に輸出する。

フィジーは今年も、国内市場向けにインドから砂糖を輸入する。フィジー砂糖公社によると、4万5千トンの砂糖がインドから輸入され、フィジー産の砂糖は、割増金が支払われるEU市場向けに輸出される。

このような方式は昨年から始まった。昨年、旱魃による生産量の減少により、フィジーは、EU市場への輸出割当量を充たすことができなった。

EUとのコトノウ協定により、通常は17万2500トンの砂糖の輸入割当がフィジーに与えられているが、2008年はそれに加えて5万6500トンの輸入割当が認められることになった。


ソロモン諸島はアジア諸国向けに木材の輸出国でもありますが、乱伐により環境問題が深刻になった地域もあります。島の森を守るために島の女性たちが立ち上がったのです。


5/4 PIR /Radio New Zealand International
ソロモン諸島の女性たちが樹木の伐採を阻止している。

ブーゲンビル島の女性グループが、マウント・オースティンにおける伐採場に至る道路を塞いで、自分たちの土地を使うことに抗議している。

女性たちに相談することなく、樹木の伐採が破壊的に行われており、地元の道路を使うことを認めないと、女性グループの広報担当者であるヒルダ・ヒル氏が述べた。

同島では女性が土地権を継承しており、彼女たちの土地で開発を行う際には、事前に彼女たちと相談しなくてはならない。しかし、伐採業者は、マウント・オースティンでは破壊的な伐採活動をしておらず、チェーンソーで小規模な樹木を切って製材しているだけだと反論している。


中国と台湾は太平洋島嶼国との外交関係締結をめぐり、様々な外交戦略を実施しています。ODA,民間投資、中国人・台湾人の移住等です。中国、台湾はそれぞれの観点から太平洋地域を重視しています。


5/5 PIR /Radio Australia
台湾の副首相が、「太平洋スキャンダル」で辞任した。

台湾の副首相が、パプアニューギニアが台湾と外交関係を結ぶために用意された3000万米ドルが2人のビジネスマンによって着服されたという、外交的スキャンダルの責任を取って民進党を辞任した。

台湾政府は、同スキャンダルは民間の企業家によってなされたものであると主張している。シンガポールの高等裁判所が、2人のビジネスマンの銀行口座を凍結するという台湾の請求を認めたことによって、このスキャンダルが先週明らかになった。

2人のビジネスマンは、台湾とパプアニューギニアとの外交関係締結のための仲介者として活動していた。2人のビジネスマンのうち一人は台湾人、もう一人はシンガポール人である。
スポンサーサイト



<< 龍谷大学民際学研究会を4月11日に開催します | ホーム | 北マリアナ諸島の衣料工場、グアム大学と海兵隊移設、マーシャル諸島の海面上昇問題 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP