FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

喜山荘一さんの『奄美自立論』を読んでください

喜山さんの『奄美自立論』南方新社が出版され、ご本を頂戴いたしました。心よりお礼申し上げます。また御出版を心よりお喜び申し上げます。

喜山さんとは大阪と東京でお会いし、お話をいたしました。気さくな方で大変親近感の持てる方ですが、奄美諸島、なかでもご出身の与論島に対しては人並ではない強い思いとマブイを感じることができる人でした。

今後、この本によって、多くの人々が奄美諸島について考え、「奄美自立」にむけて実践するようになるのではないかという、予感がしています。

本の帯には次のような文字があります。
「1609年、琉球侵略 以降400年現在に至るまで、奄美は琉球ではない大和でもない、と「二重に疎外」されてきた。その構造と克服への道を、各地で出自を隠すように生きてきた60万奄美同胞に提起する。同時に、国内植民地としての奄美の現実を広く明らかにする。」

喜山さんの紹介をします。

喜山荘一(きやま そういち) 1963年、与論島生まれ。東京工業大学工学部卒業。マーケター。 著書に、『図解Eメールマーケティング実践講座』(2000年、インプレス)、 『一億総マーケター時代の聞く技術』(2005年、阪急コミュニケーションズ)、 『ウェブコミ!』(2005年、ランダムハウス講談社)、 『ビートルズ 二重の主旋律』(2005年、メタ・ブレーン)、 『10年商品をつくるBMR』(2007年、ドゥ・ハウス)などがある。


また、この本をめぐり喜山さんとお話をするのが楽しみです。





スポンサーサイト



<< トンガの日本大使館、フィジーのクデターと中国、PNGと中国との軍事協定、日本とソロモン諸島 | ホーム | 龍谷大学民際学研究会を4月11日に開催します >>


コメント

ありがとうございます

ご紹介ありがとうございます。光栄です。

奄美と沖縄の失われたつながりを回復できればと思っています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP