FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トンガの日本大使館、フィジーのクデターと中国、PNGと中国との軍事協定、日本とソロモン諸島

昨年5月の太平洋情報を多くします。
日本の大使館が今年トンガに設立される予定です。設立の理由は中国によるトンガをはじめとする太平洋諸国との関係強化に対する「あせり」があると考えます。


5/15 PIR /Matangi Tonga
日本政府がトンガに大使館を設置する。

来年、日本政府は、ヌクアロファに大使館を設立する。昨年から日本政府は大使館設立を検討しており、設立に関する調査団も派遣された。

ヌクアロファにある大使館としては、中国大使館に次いで2番目の大使館となろう。

日本は、これまで、道路・高校校舎・小学校校舎の建設、村の水道整備、漁業振興等の援助をトンガに対して実施してきた。太平洋諸国の中で全権大使がおかれた日本大使館はパプアニューギニア、フィジーにある。


2000年に発生したクデター後、フィジーに対し、豪州、ニュージーランドを中心に各種の制裁措置がだされていますが、内政不干渉をモットーに中国の経済支援が強化されています。

5/17 PIR /Fijilive
2006年のクーデター以来、中国のフィジーに対する援助金が激増している。

豪州やその他の欧米諸国がクーデターを起こしたフィジー政府に対する援助金を削減しているのに対し、中国は同国への援助金を劇的に増加させている。

2005年における中国のフィジーへの援助金は67万米ドルであったが、2007年にはそれが1億1170万米ドル(中国の太平洋島嶼国全体に対する援助金の半分相当)に増加した。

2007年における豪州のフィジーへの援助金は1400万米ドルであった。

バイニマラ暫定首相は政権を奪取するとともに、中国との関係を強化し、元の財務大臣のアコイ氏を駐北京フィジー大使に任命した。


中国とパプアニューギニアも経済的関係が深まっていますが、軍事的な協力関係も進められています。


5/19 PIR /PNG Post-Courier
パプアニューギニア政府が中国政府と軍事訓練協定を締結した。

パプアニューギニアと中国は軍事訓練協定を締結し、今後2年から3年にかけて、パプアニューギニア軍が中国において軍事訓練を実施するだろう。

同協定に基づき、技術分野においても中国軍が支援を行う。また、タウラマ軍事病院も、中国からの援助金で修繕、拡張される予定である。

パプアニューギニア軍の関係者は、上海にある海軍基地を含む、中国にあるほとんどの軍事施設を視察した。


日本企業の鉱物資源開発はパプアニューギニアが中心でしたが、ソロモン諸島でも実施されようとしています。太平洋には海底資源も豊富にあるとされており、今後、海底資源をめぐる開発競争も激化する可能性があります。
5/19 PIR /Solomon Star
日本の企業がソロモン諸島における鉱山開発を進めている。

住友金属鉱山会社は、ソロモン諸島において鉱山開発を進める予定である。開発予定の鉱山の金属には、鉄、ニッケル、コバルト、マグネシウム、シリカ等が含まれているとされている。

同社は高圧装置を活用して鉱山開発を行うが、世界でも高圧装置による鉱山開発ができる会社は多くないとされている。

チョイソール島やイザベル島における鉱山開発の見通しがたったら、同地に開発プラントが建設されるだろう。もしも鉱石の精錬プラントも同地に設置されたら、地元政府の収入や雇用の増加も期待され、ソロモン諸島にとっても経済的利益がもたらされるだろう。
スポンサーサイト



<< 「市民のちからによって社会を変えるには-私にできること-」講座のご紹介 | ホーム | 喜山荘一さんの『奄美自立論』を読んでください >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP