FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

宮良公民館の意思

3月28日の八重山毎日新聞が宮良公民館によるリゾート分譲住宅建設計画に反対の意思を示したことについて報じていますので、お伝えします。
宮良地区はアカマタ、クロマタの祭祀でも有名な地区です。公民館の反対理由に村の信仰を守るというものがあり、経済利益よりも信仰を上に見ていることに、大変な喜びを感じました。

八重山諸島において公民館は自治の最重要拠点であり、資本は住民の自治を無視してまで、その暴力性に牙をむくのかが問われています。自治の意思を無視してまで、宮良の高級な、真新しい家に住みたいと思う人がいるのでしょうか。



総会で決議、業者や市に提出

宮良公民館(成底辰夫館長)は15日の定期総会で、宮良川河口付近で(株)マルナカが計画しているリゾート型分譲住宅について反対する決議を行い、27日までに石垣市に提出した。同社にも送付した。

決議は「宮良川河口の自然環境の悪化と天然記念物への悪影響にながる」「聖地周辺が大きく変貌することで祭祀(さいし)の継続が危惧(きぐ)され、分譲住宅の住民とのいさかいが発生する」ことが懸念されるとして「断固反対」の意志を示している。

 同社は現在、石垣市と事前協議中。市側は去る5日の市景観形成審議会(石垣久雄会長、委員12人)に諮ったところ、建物の高さが景観形成基準を超えていることなどから継続審議となっている。

 公民館が反対の意志を明確にしたことで、同審議会での議論に影響を与えそうだ
スポンサーサイト



<< 琉球の慰霊団、トンガの民主化運動、韓国による海底資源開発 | ホーム | 「市民のちからによって社会を変えるには-私にできること-」講座のご紹介 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP