FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球の慰霊団、トンガの民主化運動、韓国による海底資源開発

昨年4月、5月の太平洋諸島ニュースをお伝えします。
宜野座会長と話をしたことがあります。宜野座さんは、太平洋戦争で家族をミクロネシアの島で失い、戦後39年間も毎年、ミクロネシアの島々を琉球から参加者を募り訪問し、慰霊祭を行っています。またミクロネシアの若い人を琉球に招くなど、民際交流も実践している方です。


5/27 PIR /Marianas Variety
沖縄の慰霊団がサイパンにおいて39回目の慰霊祭を行った。


沖縄の高齢者達は、第二次世界大戦においてサイパンで死亡した人々を弔うために毎年サイパンを訪問し続けている。

南洋群島帰還者会の宜野座朝憲会長は、サイパンでの慰霊祭は今年で39回目となるが、多くのメンバーが高齢者となり海外旅行が身体的に困難になってきており、次世代にこの慰霊祭を続けてもらいたいと語った。

同島にある沖縄平和塔で行われた慰霊祭には100人の老若男女の沖縄人が参加した。宜野座は今年78歳になるが、出生地はサイパンである。

宜野座は「私はサイパンで生まれ、ここに来なければならないという思いがある。若い世代にこの慰霊活動を続けるように言っているが、若い世代はサイパンで生まれたわけでもなく、この慰霊祭を若い世代が続けるかどうかは難しいかもしれない」と語った。


現在でも王政が続いているトンガでは、国王家族、貴族等の特権階級による政治経済の支配に対して民主化を求める運動が行われています。


4/1 PIR /Radio New Zealand International
トンガの文化とデモクラシーが対立している。

弁護士で、トンガ法律協会の会長であるニウ氏は、トンガ王国における民主主義は、トンガの慣習や伝統によって脆弱な状態に陥っていると述べた。

ニウ氏は次のようにアテニシ大学において語った。トンガが民主主義の国になるには、国民の多数者による統治が実現する必要がある。しかし、現在のトンガでは、国王が絶対的な権限を有し、また貴族たちも権力をもっており、少数者による統治がおこなわれている。

国民が民主主義を求めるなら、投票によって多数者が決定できるようにしなければならない。民主主義に向けた、トンガにおける政治改革は、経済的にも、社会的にも利益をもたらすであろう。


太平洋海底には豊富海底資源が存在することが明らかになっています。日本政府もかつて太平洋海底資源開発のための調査を行っていました。貴重な鉱物資源ではありますが、それを引き揚げて、精錬し、販売するためのコストを考えると必ずしもすぐに開発できるという状況にはありません。現在、金価格が上昇し、レアメタルに対する需要も伸びていることから、開発に対する動きは2009年現在もみられるようになっています。



4/8 PIR /Matangi Tonga
韓国がトンガ海域にある海底鉱山の開発権をえた。

銅、亜鉛、金等の鉱物資源を含む熱水鉱床が900万トン以上存在しているとみられている、トンガの海域に属する2万平方キロメートルの海底における、排他的な鉱物開発権を韓国は手に入れた。

開発が実施されれば、これから30年間、毎年30万トンの鉱物資源が生み出されるであろう。商業生産は2010年から始まる予定である。

現在、韓国は鉱物資源の90%を輸入に依存しており、韓国政府は海外における資源開発を進めている。韓国政府の組織である、韓国海洋調査開発機構は2000年からトンガ周辺の海域においてマンガン・クラストの開発を行っており、これまで調査のために600万米ドルを支出してきた。
スポンサーサイト



<< 島津藩侵略400年を考えるシンポジウムの開催 | ホーム | 宮良公民館の意思 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP