FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

島津藩侵略400年を考えるシンポジウムの開催

29日に沖縄島の那覇で、島津藩侵略400年を考えるシンポジウムが開催されました。このシンポジウムの実行委員会には、本NPOの安里さん、高良さん、海勢頭さんもかかわっておられます。
歴史の検討、見直しから始まり、次の、現実の琉球の自治をさらに一歩前に進めるために、各人がどのような行動、実践をするのかが問われていると思います。

豊見山さんが主張される薩摩支配でも琉球側に主体性があったという事実については、私も知っています。それは沖縄島の事例が主であり、奄美諸島、宮古八重山諸島では事情が異なるのではないかという印象を持ちます。薩摩支配下で主体性があった琉球人がなぜ、いま、主体性を失ったのか。時代的、構造的なな違い、支配の質についても考え、過去と今と未来をつなげる議論をしなけらばならいのではないかと思います。


30日沖縄タイムスの報道です。


薩摩支配下でも主体性/シンポ 近世琉球振り返る/自立と帰属めぐり議論

 「薩摩の琉球支配から400年・日本国の琉球処分130年を問うシンポジウム・大激論会」(主催・同問う会)が29日、那覇市の教育福祉会館であった。近世琉球が薩摩支配下でも主体的に日本と交渉していたことを確認したほか、約200人の参加者が加わった激論会では、歴史を踏まえ、沖縄が日本に帰属していることの意味を問い直す発言が相次いだ。

 第1部では近世の薩琉関係について琉球大学教授の豊見山和行氏が基調講演。琉球が薩摩に隷属的に支配されていたとする通説を誤りと指摘しながら「侵略初期の従属状態から琉球が主体性を回復する過程を考える必要がある」と強調した。

国家や社会、民衆のあり方についてさまざまな事例を紹介しながら、王府の薩摩藩への主体的抵抗の根拠に琉球の村(百姓)社会の自立性があることなどを説明した。

 パネルディスカッションでは沖縄本島のほか、宮古、八重山、奄美の各地域からパネリストが参加。

 宮古郷土史研究会会員の下地和宏氏は、近世宮古が薩摩と琉球王府の二重支配下にあったことを指摘しながら「宮古アイデンティティー」の確立を報告。

 また環境ネットワーク奄美代表の薗博明氏は、道州制で鹿児島と沖縄どちらに所属するかとの質問に対して「どの行政区に入るかでなく島々の特性を生かすような選択をすることが重要だ」と話した。

 第2部の激論会ではフロアも交え意見交換。「現在も軍事基地があり植民地状態にある沖縄から、基地を撤去することが必要だ」

「島くとぅばを大事にして自分たちの足場をしっかりさせることが大切だ」などの声が出たほか、「沖縄独自の憲法を作ることで国家に抗するべきだ」の意見もあった。

 このほか会では、国連が琉球民族を国内立法下で先住民族と公的に認めるよう勧告したことについての報告もあった。


30日の琉球新報の記事です。
激論「進入」か「侵略」か 薩摩の琉球支配400年シンポ2009年3月30日

薩摩の琉球支配から400年を振り返り、意見を交わす討論者たち=29日、那覇市の教育福祉会館
 「薩摩の琉球支配400年を問うシンポジウム・大激論会」(薩摩の琉球支配から400年・日本国の琉球処分130年を問う会主催)が29日、那覇市の教育福祉会館で開かれた。

1609年に薩摩が琉球を侵略したことについて、県内の歴史研究者や奄美の特定非営利活動法人(NPO法人)代表らが登壇し、さまざまな視点を提示した。

 問う会共同代表の平良修氏は薩摩の琉球侵略について「『侵攻』または『進入』とよく聞くが、なぜはっきり『侵略』と言わないのか。言い換えるのはどこかに侵略した側の自己弁護、甘さがある」と指摘。

また「廃藩置県」の用語についても「『廃国置県』だ。言葉に対する違和感を失っていないか」と疑問を呈した。

 八重山文化研究会の砂川哲雄氏は、薩摩と琉球支配下の八重山近世史について言及した。琉球王府が八重山の住民に課した人頭税、その後の大津波、疫病などで苦しめられた歴史について「八重山近世の歴史は政治・経済の面では薩琉二重支配、文化面でも薩琉二重受容の歴史だ。こうした複合的・構造的な支配が八重山に悲劇の歴史を刻んだ」とした。

 NPO法人環境ネットワーク奄美代表の薗博明氏は奄美が沖縄本島の北山・中山、米国に占領された歴史などを説明した。

 豊見山和行琉球大学教授は基調講演の中で、琉球国像や、住民像について発言。薩摩支配下で、琉球が主体性を回復していく時代や、住民について「羊のように従順な琉球人像の再検討が必要だ」と指摘した。


スポンサーサイト



<< 大正区平尾商店街、関西沖縄文庫にてフィールドワーク | ホーム | 琉球の慰霊団、トンガの民主化運動、韓国による海底資源開発 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP