FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

09/13のツイートまとめ

matusima3455

インド訪問の英国教会大主教、植民地時代の虐殺現場でひれ伏す https://t.co/AYQkq4zQw9 @afpbbcomより
09-13 08:32

今回、知花さんは我々に宿を提供して下さいました。ご自身の日の丸焼却裁判では丹羽弁護士が弁護されましたが、その裁判についても話されました。また国会爆竹裁判の本村さんからも裁判のお話を伺いました。日本の植民地主義と闘う裁判の系譜の中に遺骨返還訴訟が位置づけられると松島泰勝は考えます。 https://t.co/eTf2sOZ8xS
09-13 06:40

宜保さんは翌日の合宿にも全て参加して下さいました。訴訟を財政的に支える方法のご提案も頂戴しました。合宿の会場は喜如嘉公民館でしたが、芭蕉が見ながら静かな環境で議論できました。大宜味村議会の吉浜議員がご紹介して下さいました。松島泰勝は感謝申し上げます。 https://t.co/KBX2JmnK0O
09-13 06:34

北部の基地闘争の現場で身体をかけて闘っている宜保さんが、地元の住民として遺骨返還を強く主張して下さいました。宜保さんは琉球独立学会の会員でもあり、松島泰勝も何度か同学会のシンポで宜保さんの報告をお聞きし、心を揺さぶられたことがあります。 https://t.co/ILs2ktIGtb
09-13 06:28

名護市議の東恩納さんが、ご自身が闘っている辺野古新基地建設を巡る裁判について話し、遺骨返還訴訟も応援したいと話されました。名護市議で元京大職員の大城さんも翌日の合宿に参加して下さいました。松島泰勝は心より御礼申し上げます。 https://t.co/s5pI82M0aC
09-13 06:23

琉球の訴訟を支える会共同代表である横田さんが、京大生に対して「京大教員の問題を訴えているのであり、学生の合宿への参加を歓迎します。学んで下さい」と述べました。吉田寮の学生達も自らの自己決定権に基づいて京大当局と闘っています。 https://t.co/QZq0FEhGC0
09-13 06:18

スポンサーサイト



<< 09/14のツイートまとめ | ホーム | 09/12のツイートまとめ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP