FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

早大講義お礼と、「ゆいまーる」の準備

先週土曜日に「21世紀世界における戦争と平和(平和学)」という早稲田大学の授業におきまして、

私が「島の開発、自立と平和-沖縄の事例から」と題する講義を行いました。

雨にもかかわらず、300人程の学生が聴講に来て下さいました。

「復帰後」35年間の開発を問い、基地と開発が緊密に関連していること、グアムと沖縄との関係、自立の在り方等について話をしました。

最後の10分間の質疑応答の時には、鋭いご質問を学生から頂戴いたしました。勉強になりました。心よりお礼申し上げます。

そのあと、多賀先生、奥迫先生、そして院生の方々とお食事をいたし、島の自治、開発、平和について貴重なお話を伺いました。心よりお礼申し上げます。

講義の前日には、大学の近くにある藤原書店において社長、西さんと
奄美大島宇検村での集い「ゆいまーる」について打ち合わせをしました。

参加者がシマジマの自治について真剣に語り合うことが目的です。特に今回は奄美諸島における自治の在り方について深い議論ができればと希望しています。

会議の後、皆で新宿3丁目にある、琉球居酒屋「海森(カイシン)」に移動しました。

ちょっとびっくりしたのは、「海森」に1年ほどまえに拙著『琉球の「自治」』のチラシが告知板にまだ掲示され、その時の『機』(藤原書店)も置いていてくれたことです。

「海森」の料理は大変おいしく、島にいるような気持ちになります。また行くたびに琉球出身の店長の言葉やお顔に励まされています。

琉球の自治について考え、思う人の輪をもっと広げて、深めていけたらと願っています。
スポンサーサイト



<< ゆいまーる沖縄の玉城幹男さん | ホーム | 『苦い砂糖』の紹介 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP