FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

米軍幹部の沖縄認識、マーシャル諸島の基地経済、ナウルの社会不安

昨年3月の太平洋諸島のニュースをお伝えします。
米海軍の琉球人、琉球認識の本音が海外の新聞では明らかになります。琉球人を蔑視する視線を軍幹部がもっていることがわかります。



3/5 PIR /Mariana Variety
 米海軍幹部が、沖縄における「インチキ」レイプ事件は、海兵隊移設には影響を与えないと述べた。

ペン米海軍副長官は、沖縄に駐留している米海兵隊は、予定通り2010年にグアムに移転すると述べた。

14歳の少女が38歳の海兵隊によりレイプされたと訴えたが、その後、少女は告訴を取り下げた。ペン氏は、海兵隊員によるレイプ事件は「インチキ」であり、「犯罪歴がある者は入隊できない。

隊員個人レベルでみると、一般人よりも軍人の方が素行は良いといえる。」と述べた。


クワジェリン島は太平洋戦争で日米が戦った島であり、現在、米軍基地がおかれています。

3/6 PIR /Radio New Zealand International
クワジェリン島のミサイル基地で働く従業員の10%が解雇される。

イラクやアフガニスタンにおける軍事活動の費用が増加し、マーシャル諸島におけるミサイル実験予算の削減が迫られている。

年間2億5千万米ドルのミサイル実験基地の予算から600万米ドルが削減され、その結果、同島で働く、米国人やマーシャル諸島人の軍雇用員全体の10%が解雇されるであろう。

1960年代半ばにクワジェリン島にミサイル実験、ミサイル迎撃実験基地が設置された。米政府は、毎年1500万米ドルの地代を同島の地主に支払っている。

同島にはレーダー、カメラ、ミサイル発射台等がおかれている。デブルム・マーシャル諸島政府外相は、軍事予算削減の突然の発表に驚いたと述べた。小さなエベイ島に住む1万2千人の人々の生活は、ミサイル基地で働く1125人の給料に大きく依存している。


かつて「太平洋の楽園」と呼ばれたナウルは現在、経済的問題を抱えており、豪州による政治経済的関与の対象になっています。ナウル人の不満が爆発した事例であるといえます。


3/9 PIR /Radio New Zealand International
暴徒がナウルの警察署を放火した。

今週末、ナウルの警察署が暴徒により放火され、暴動がさらに拡大している。港においてリン鉱石運搬船に荷物の積み込み作業をすることに住民が反対したのち、約100人の群衆が警察署を襲った。

リン鉱石は同国において政治問題の種であり、資源の無駄な利用、投資の失敗、汚職、リン鉱石収益の減少等が批判の的になっている。

学生を含む100人の市民達は、暴動に発展しないように同国に滞在する豪州人警察官によって取り締まられた。
スポンサーサイト



<< 米国への賠償金要求、太平洋諸国をめぐる中米関係、サモアの日本企業 | ホーム | PNGの海面情報問題、イラクのトンガ人、ソロモン諸島の森林伐採 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP