FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

奄美大島で400年を語る集いのお知らせ

奄美大島の「あまみ庵」の店主、森本真一郎さんから集いのお便りが届きました。南琉球では、最近、シンポジウムが開かれましたが、北琉球では2009年に向けて数年前から活動が展開されてきており、400年を問う姿勢には深く、強いマブイがあります。



「道の島400年展」実行委員会
実行委員長  高井 直人
奄美市笠利町手花部2991-7
090-9577-4175

(事務局・37(みな)の会)090-5944-2384(森本)
(メール)amamian@po.synapse.ne.jp

「笠利町津代の戦跡を顕彰し、慰霊するゆらい」へのおさそい
&「各地からのメッセージ」のお願い

拝啓 サクラナガシ(ツツジ長雨)の候 皆様には益々ご清栄のことと存じます。
早いもので、「笠利町(手(て)花部(けぶ))津代(つしろ)の戦跡を顕彰し、慰霊するゆらい」も今年で12年目。


また、今年は1609年の薩摩の奄美・琉球侵略(旧暦3月7日)から400年を迎えます。
今や、津代の地で戦いがあったことは、内外の新聞や論考などでも明らかになっています。
これまでの皆様方のご協力に対しまして心よりの感謝をもうしあげます。

さて、今年も来る4月12日(日)、午後1:30より当地におきまして「顕彰と慰霊のゆらい」をとり行います。つきましては、皆様にもご参列くださいますようご案内いたします。

今年は、400年を記念して「慰霊のゆらい」の後に、「津代の歴史をふり返り、語る会」を催します。津代湊の戦いをとおして、「道の島」と呼ばれている奄美諸島の400年の歴史を考え、ウヤフジガナシ(ご先祖)たちの声なき声を受け止め、今後、それぞれの「しまぬゆ」(シマ島の自立と連帯)を模索していくため、大いに語りあいと思います。

また、これを機に、戦いのあった奄美の各地で、ささやかな慰霊碑や標識の建立などにもつなげていけたらと願っています。

この「ゆらい」と「語る会」は、どなたでもご参加いただけます。ご近所や友人、おさそいあわせておでかけください。駐車場の関係からできるだけ徒歩か乗り合いでおこしください。

※ なお、今回ご参加できない方は、今年、発刊予定の「しまぬゆ2号」の「しまぬゆ宣言」へ、それぞれのウムイ(思い)をご寄稿いただけましたら、お許しを得た上で、採用させていただきたいと存じます。ご投稿のほどよろしくお願いいたします。

〔と き〕 4月12日(日)
(1)13:30:戦跡の顕彰と慰霊のゆらい
(2)15:00:津代で400年を語る会

〔ところ〕 (1)ゆらい:笠利町津代の戦跡地(手花部墓地から笠利湾ぞいの奥)
※ 献花・献酒等、ご持参いただければ幸いです
(2)語る会:手花部公民館
※ 資料やお茶代として、500円を予定しています
  敬具
スポンサーサイト



<< フィジー人の送金、豪州の新植民地主義、海兵隊移設とグアム | ホーム | 米国への賠償金要求、太平洋諸国をめぐる中米関係、サモアの日本企業 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP