FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トンガの自殺問題、英国軍の中のフィジー人、島嶼の送金経済

08年2月、07年12月の太平洋ニュースをお伝えします。
「楽園」として太平洋諸島は観光客から考えられがちですが、急速な近代化、伝統的社会制度の崩壊等を原因として、自殺者が増加している事例は他の島々でもあります。


2/22 PIR /Radio Tonga News
 トンガで自殺者が増加している。

2001年から2007年までの間、トンガにおいて50件の自殺が報告された。その内45人が男性である。

島嶼国のうち、人口規模を考えると、トンガの自殺率が最も高い。自殺に関する国家委員会は、トンガ政府の厚生省、政策省、自由ウェスレイアン協会と協力してこの問題に取り組んでいる。

自殺問題の解決には地域社会の関与が重要であると考え、地域のNGOなどを対象にして委員会のメンバーをさらに増大しようとしている。2007年には7人が自殺し、今年は現在までに2人が自殺した。


フィジーは英国の旧植民地ですが、現在でも軍関係で英国と強い関係をもっています。


12/30 PIR /Fiji Times
 フィジー人兵士が英国軍隊の中で重要な位置を占めるようになった。

英国軍人の10人に1人は外国人であるが、外国人の大部分はフィジー人で占められている。外国に駐在している英国軍人は、40以上のコモンウェルス出身者で構成されているが、そのうち約2000人がフィジー人である。

次いで多いのは南アメリカ人の840人、ジャマイカ人、ガーナ人がそれぞれ820人である。イギリス国民が自国軍に占める割合が減少しているのが懸念されている。

英国軍人10万人のうちの10%が外国出身者で占められている。長期の海外遠征、居住環境の劣悪さなどがイギリス国民の軍隊離れの原因とされている。


サモアに限らず、多くの太平洋諸島では、ニュージーランド、豪州、米国に島嶼民が移住し、送金を家族に送る、送金経済が展開されています。経済活動を島だけに限定するのではなく、移民の活動範囲も島嶼経済の対象になります。トンガのGDPの40%以上が送金というのも驚きです。


12月号2007年 PIR /Islands Business Magazine
 サモア経済において移住者からの送金への依存率が減少した。

過去10年において、サモアのGDPの20%が海外からの送金で占められていた。しかし、2007年の初旬において海外からの送金は38%減少し、全体で1180万米ドルとなった。

世界銀行によると、過去10年間の太平洋諸国における送金額は4億2500万米ドルとなった。トンガのGDPの41.9%、サモアのGDPの26.3%、フィジーのGDPの6.7%は送金であった。
スポンサーサイト



<< 台湾とナウル・ソロモン諸島との関係、サイパンの衣料工場、ブーゲンビル島の治安悪化 | ホーム | 基地経済で地域の教育は守れない >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP