FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

台湾とナウル・ソロモン諸島との関係、サイパンの衣料工場、ブーゲンビル島の治安悪化

08年1月、07年12月の太平洋諸島ニュースをお送りします。台湾の陳前総統は、太平洋諸国との関係を重視して、総統自身が太平洋諸国をしばしば訪問していました。日本の現役総理大臣が太平洋諸国を訪問しないのとは対照的です。台湾を独立国として認めた太平洋島しょ国と、台湾とはギブアンドテイクの関係にあります。島嶼国にとって台湾のギブが少なければ中国との外交関係に切り替わる可能性があります。同様に、中国と太平洋島しょ国との関係もギブアンドテイクの関係です。



12/29 PIR /Taipei Times
台湾の総統が、ナウルの新大統領、ソロモン諸島の新首相就任を祝福

台湾の陳水扁総統は、ナウルのステファン新大統領、ソロモン諸島のシクア新首相に対して電話を通じてそれぞれの就任を祝う言葉を述べた。

陳総統は両者に対し、相互の協力関係を深め、互いの利益に関することを話し合うために、近い将来における台湾への訪問を呼びかけた。また陳総統は、両者に対し、今後も両国への多面的な協力プロジェクトを台湾が実施していくことを約束した。

また国連を初めとする国際機関への台湾の加盟に両国が支持してくれることを求めた。ステファン大統領は、自国と台湾との外交関係を評価し、これからも様々な分野での協力関係を増やしていきたいと語った。

また大統領は、長期にわたる台湾によるナウルへの支援活動に対して感謝の意を示した。シクア首相は、ソロモン諸島建国40周年式典(2008年1月31日に開催予定)に陳総統自身、または台湾からの代表団が参加することを希望した。

またシクア首相は、ソロモン諸島が2009年の台湾・太平洋同盟国サミットのホスト国になること、そして、台湾の国連、世界保健機構への加盟を全力で支持したいと述べた。

第三回の台湾・太平洋同盟国サミットは2008年に台湾の高雄市で開催される予定である。陳総統は、台湾とソロモン諸島の両政府が自由貿易協定について話し合い、出来るだけ早く署名したいと語った。


10年ほどまでにサイパンに行ったとき、衣料工場の多さ、中国人労働者の多さに目を見張りましたが、世界的な経済情勢の変化の影響をもろに受けて、現在は大変厳しい状況にあります。一つの産業に偏ると、島嶼経済は大打撃をうけることをサイパンの例が教えてくれます。


1/17 PIR /Saipan Tribune
 サイパンでまた衣料製造工場が閉鎖される。

衣料製造工場、サム・クワン・サイパン社が明日、閉鎖される。157人の外国人労働者の大部分はそのまま島に残り新しい職をさがす。

157人の外国人労働者のうち45人しか中国に戻らない。112人の外国人労働者は45日間に新しい職を探し出す必要がある。これらの外国人労働者は条件が合えば、衣料製造工場以外の職場で働くことも可能である。

労働賃金の上昇、中国や他のアジア諸国との競争により、北マリアナ諸島における経済活動がコスト高になったことが工場閉鎖の原因であったとされる。1月13日にも別の衣料製造工場であるネオ・ファッション社が閉鎖したが、外国人労働者の大部分は島にとどまり、新しい職を探そうとしている。

同社により88人の外国人労働者と13人の現地労働者が職を失った。2005年にWTOが輸出数量規制を撤廃して以降、サイパンでは多くの衣料製造工場が閉鎖するようになった。


日米決戦で有名なブーゲンビル島では、かつてパプアニューギニアからの独立を求めた紛争が展開されていました。中央政府が、資源が豊かなこの島から経済搾取をしたことが最大の原因です。現在は紛争はおさまりましたが、治安の悪化が心配です。



1/15 PIR /The National
 ブーゲンビル島において銃や暴力事件が増大している。

ブーゲンビル島自治地域において、銃や兵器による諸問題がリーダー達の最大の課題になっている。

同地域のある村において、畑から食糧が盗まれたり、犬が殺害される事件が増加している。またこれらの事件の犯罪者は女性や若者に対する脅しも行っている。またある地区では、男性の一団が銃を発砲して、住民が畑に行き、コプラ栽培、その他の活動をするのを妨害している。ポポコソ村でも銃を持った男性の一団がきて、発砲した。
スポンサーサイト



<< 第5回ゆいまーる琉球の集いのお知らせ(沖永良部島) | ホーム | トンガの自殺問題、英国軍の中のフィジー人、島嶼の送金経済 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP