FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

第5回ゆいまーる琉球の集いのお知らせ(沖永良部島)

第5回ゆいまーる琉球の集いのお知らせをいたします。

今回は、沖永良部島で開催いたします。同島在住の前利潔さんに、集いの企画、準備をお願いいたしました。前利さんをはじめ、島の方には大変お世話になりますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

参加希望者は、メールにて私にご連絡ください。


1.スケジュールは次の通りです。

15日沖永良部入り:夜は中央公民館で、地元の手作りの料理による懇親会。シンポジウムの講師も一緒です。

16日ゆいまーるの集い:午前、午後

17日午前中は、島巡り、午後はシンポジウム。夜は島料理の店で、「ゆいまーる琉球の自治」とシンポジウム側との合同の懇親会


16日のゆいまーるの集いのメインのテーマは道州制についてです。沖縄県との道州制を主張している方の問題提起を踏まえて、活発な議論を行います。また、沖永良部の<文化><境界>、農業を含む経済の問題、移住者の活動、島の交通問題等を議論の内容とする予定です。

17日のシンポジウムの主催は、知名町教育委員会です。講師、パネリストは以下のとおりです。敬称略。

 (1)豊見山和行(沖縄/琉球大学)
 (2)高橋孝代(沖永良部/沖縄大学)
 (3)弓削政己(奄美大島/奄美中央病院2009年3月まで)
 (4)原口 泉(鹿児島/鹿児島大学)
 (5)司会:前利 潔(知名町教育委員会)


2.どのように沖永良部島に行くか

関西、関東から来る方は、下記の奄美旅行センターを使ったほうが、安いと思います。

 鹿児島空港発の沖永良部便の最終便は、午後3時頃、出発します。だから、関空(伊丹)、羽田からも、12時前後の便で、鹿児島に向かえばまにあいます。関西、関東から来るパターンは、以下のとおりです。鹿児島
経由の便です。

 (1)日程に余裕のある方は、15日の最終便で沖永良部  に着き(16:30頃)、18日の午前9時半発の便で発つ。
 (2)日程に余裕のない方は、16日の午前中に沖永良部
  に着き、17日の最終便(17:00頃)で発。

 (3)あとは15日から18日の間で、それぞれに都合のいい日程(便)を設定してもらえらば、と思います。15日に入って、17日に帰るというパターン、16日に入って、18日に帰るというパターンなどです。

 ホテルは、中央公民館隣りのおきえらぶフローラルホテル。町が公社方式で運営している国民宿舎。

お問い合わせ窓口
奄美旅行センター 沖永良部営業所
TEL0997-93-3001 FAX0997-93-1600

お申し込みの際は、氏名、年齢、ご連絡先電話番号、FAX番号、日程をご連絡下さい。

予約担当 東(ヒガシ)・永田(ナガタ)

参考金額
5月15日発 おきのえらぶフローラルホテル宿泊 朝食付き シングル利用
• > 関東発  2泊3日 ¥66,800 3泊4日 ¥74,300
• > 関西発  2泊3日 ¥66,800 3泊4日 ¥73,300
• > 名古屋発 2泊3日 ¥67,800 3泊4日 ¥69,300


南琉球から参加される方は、那覇から沖永良部への船での移動となります。

関係機関のホームページです。

奄美旅行センター
 http://www.amamiryoko.com/

 おきえらぶフローラホテル
 http://www.town.china.lg.jp/floral/default.asp

 <沖縄からの船>鹿児島~沖縄航路
 マルエーフェリー http://www.aline-ferry.com/top.html
 マリックスライン http://www.marix-line.co.jp/

 知名町役場 http://www.town.china.lg.jp/

スポンサーサイト



<< グアムの基地拡大問題、海面上昇により村が消滅、パプアニューギニアの幼児死亡率 | ホーム | 台湾とナウル・ソロモン諸島との関係、サイパンの衣料工場、ブーゲンビル島の治安悪化 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP