FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

与那国島の人口減少

4月10日の八重山毎日新聞に与那国島の人口が戦後最低の1500人台になったという記事がありましたので、お伝えします。私が与那国島に住んでいた1960年代の終わりから70年代の初めにかけて2000人ほどいました。



町人口の減少傾向に歯止めがかからない。3月末の住民登録者数は1567人となり、戦後初めて1500人台に突入した。

住民投票で「自立」を選択したあと、2005年3月に「与那国・自立へのビジョン」を策定してから、今年で5年目。

同ビジョンは、人口減少など「厳しい現実を直視」して策定されたものだが、現実にはその後の4年間で島から146人(8.5%)の人口が失われた。外間守吉町長は「自立ビジョンは5年目に差し掛かる。これまでの4年間を総括したい」と述べ、自立ビジョンの実績を検証したい考えを示した。

町では、教員の異動や高校進学の時期に当たる3月に住民登録者数が大幅に減る傾向にある。自立ビジョン策定時の2005年以降について3月末の住民登録者数をみると、▽05年=1713人▽06年=1677人▽07年=1660人▽08年=1618人と推移し、今年3月は1567人まで落ち込んだ。

 住民登録者数は、異動に伴う4月の転入によって持ち直すとみられるが、人口の低落傾向には明らかで、島の在り方があらためて問われることになる。

 05年以降、島内では那覇地方法務局石垣支局与那国出張所(登記所)や与那国島測候所など国の出先機関が閉鎖。出先機関の職員やその家族は島の人口や消費経済を支える担い手として重視されているだけに、国の行革が町に打撃を与える結果となった。

外間町長は人口減少の要因について「三位一体の改革の影響が大きい。(中学を卒業した生徒が高校進学ととこに島を離れる)“15歳の旅立ち”で人口が減ったあと、そのあと島に戻ってくるかというと、むしろ家族ぐるみで出て行ってしまう」と話す。

 一方、町の一般会計当初予算は▽05年度=29.1億円▽06年度=19.9億円▽07年度=17.9億円▽08年度=20.4億円▽09年度=21.7億円と増減を繰り返しながらも、規模縮小の方向。

外間町長は、予算額と町人口の関係について「予算の数字とともに歩いているのではないか。公共工事が多い時は人口が多い」と推測する。

人口減少を強く意識して策定した自立ビジョンは基本戦略として(1)住民主体の自治・島おこし・まちづくり

(2)国境交流を通じた地域活性化と人づくり(3)情報通信基盤の整備など、定住条件の向上と国土保全への政策支援の強化の3点を掲げている。

 外間町長は「策定時の5年前は三位一体の改革で地方は厳しい状況にあったが、現在は地方再生のためのメニューが提示され、地方の状況が良くなる材料もある。これまでの4年間を総括し、ペダルを踏むべきか、減速したほうがいいのか、我々の進むべき方向を検討したい」との考えを示した。
スポンサーサイト



<< マーシャル諸島と中国・台湾、ツバルの海面上昇問題、北マリアナ諸島の米軍演習 | ホーム | 今日、龍谷大学にて民際学の研究会があります >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP