FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

マーシャル諸島と中国・台湾、ツバルの海面上昇問題、北マリアナ諸島の米軍演習

07年12月の太平洋ニュースをお伝えします。
マーシャル諸島は現在、台湾と外交関係を結んでいますが、中国との外交関係に切り替わろうとする政治家がいることがわかります。援助の額、内容によって台湾か中国かが選択されています。



12/17 PIR/Marianas Variety
 マーシャル諸島において中国、台湾との関係をめぐって論争がおこなわれている。

与党の統一民主党に属するアリック上院議員は、野党側が中国との外交関係締結を主張したのに対し、台湾が太平洋島嶼国に対して提供している年間1400万米ドルの資金に見合う資金を中国が提供するとは考えられないと批判した。

同議員は、台湾のマーシャル諸島に対する援助がなくなったら、農民支援事業、小規模融資事業、太陽熱発電事業、建設事業によって雇用される労働者はこれからどうなるのだろうかと語った。


ツバルには行った時、海面上昇によって人が住めないという状況を肌身で感じました。日本の援助で海水の淡水化装置も提供されましたが、完全ではなく、塩味のする水で飲み水にはふさわしくないと住民はいってました。



12/20 PIR/NiuFM
 ツバルの上水道に海水が混入している。

現在、ツバルは海面上昇という問題とともに、海水が飲み水に混入するという問題にも直面している。

地球規模の気候変動が海面の上昇をもたらしているが、ツバルのような小さな島では海水の淡水化事業はコストが大きくなり実施不可能である。

ツバル政府の報道官は、住民はもはや井戸から淡水を得ることはできなくなり、高潮の際、住宅が洪水で浸水することは日常的な現象になってきていると語った。約1万1千人の国民は、将来自分たちがどうなるのかを具体的に理解するようになってきている。


米軍演習による被害がグアムに北に位置する北マリアナ諸島において存在します。グアムへの海兵隊移設により、さらに訓練は激化することが予想されます。


12/27 PIR/Saipan Tribune
 北マリアナ諸島における軍事演習に対して同諸島議員が懸念を示している。

北マリアナ諸島議会のユムール、トレス両議員が、サイパンの北方にある、ファラロンデメンディニラ島で実施されている実弾爆撃演習によって同島の膨大な土地が失われたとして懸念を示した。

両議員は、在マリアナ諸島米海軍司令官に対して、完全な調査が実施されるまで、同島における実弾爆撃訓練は中止すべきであるという内容の書簡を送った。

同島は1976年から米軍の演習場として利用され始めた。米国政府と北マリアナ諸島政府の間で50年間の賃貸契約が結ばれている。
スポンサーサイト



<< 南海日日新聞に『奄美自立論』が紹介されました。 | ホーム | 与那国島の人口減少 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP