FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

南海日日新聞に『奄美自立論』が紹介されました。

4月10日の南海日日新聞に喜山さんの本が紹介されましたので、ご報告します。



与論島出身で文筆家、マーケターの喜山荘一さん(45)は四月、「奄美自立論―四百年の失語を越えて」(南方新社刊)を出版した。

薩摩の奄美、琉球侵攻から四百年。琉球でもない、大和でもない奄美が「二重の疎外」を受けてきた歴史、「失語」の起点をひも解き、それらをどのように克服するかを探った。

 本書は(1)二重の疎外―(2)黒糖収奪とは何か(3)なぜ、薩摩は奄美を直接支配したのか(4)奄美とは何か(5)二重の疎外克服へ―など七章で構成。冒頭には「二重の疎外とその克服として見た奄美の歩み」(主な出来事)を掲載した。

 奄美を支配化に入れた薩摩藩は一六二三年、「大嶋置目之条々」などを発する。奄美を対外的には「琉球之内」としながらも、琉球との関係を断ち、直接支配する。

 服装や名前を大和化することを禁じた結果、奄美は琉球でも大和でもなくなる。著者はここに、「二重の疎外」「失語」の起点をみる。

奄美の人々にとって薩摩支配の四百年が過去のことではなく、現代の問題でもあることが分かる。

 さらに、過酷な黒糖収奪、奄美独立経済といった江戸、明治の差別的支配、二重の疎外から逃れようして「日本人になろうとした」学校教育、復帰運動の一面などさまざまな事象、出来事にも言及した。

 結論となる「二重の疎外の克服」は、「奄美づくりの基底になるのはシマ/島」と指摘。「それぞれが開かれたシマ/島として、琉球と大和の交流拠点の度合いを自覚しながら、それぞれの意思を持ち寄り、交換するのが基本であり、第一歩」と提唱している。

 本書は定価二千百円(税別)。近く奄美の書店でも販売が始まる。問い合わせは南方新社電話099・248・5455へ。
スポンサーサイト



<< PNGの洪水、キリバスの旱魃、トンガの糖尿病 | ホーム | マーシャル諸島と中国・台湾、ツバルの海面上昇問題、北マリアナ諸島の米軍演習 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP