FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

第5回ゆいまーる琉球の自治in 沖永良部島のチラシ1

前利さんが作成された集いとシンポジウムのチラシを2回にわたりお伝えします。



琉球侵攻400年シンポジウム(沖永良部島)
<琉球>から<薩摩>へ
~400年(1609~2009)を考える~


期日:2009年5月17日(日)13:30~17:00
会場:おきえらぶ文化ホール・あしびの郷ちな
基調講演①「薩摩にとって、1609年」(原口 泉・鹿児島大学教授)
基調講演②「琉球にとって、1609年」(豊見山和行・琉球大学教授)

【パネルディスカッション】 
パネリスト:①豊見山和行 ②原口 泉 ③弓削政己(奄美諸島史研究家)
       ④高橋孝代(第35回伊波普猷賞受賞/4月から沖縄大学)
コーディネーター:前利 潔(知名町中央公民館/日本島嶼学会)

主催:知名町教育委員会 後援:日本島嶼学会
問合先:前利潔(知名町中央公民館0997-93-2041)

前日(16日)に開催する「ゆいまーる琉球の自治」(会場:知名町中央公民館)では、道州制問題など、 自治の視点から沖縄と沖永良部島、奄美諸島の関係を議論するので、ぜひ「ゆいまーる琉球の自治」からご参加ください。 
                          前利 潔(NPO法人ゆいまーる琉球の自治事務局)


今年(2009年)は、薩摩島津氏による琉球侵攻(1609年)から400年をむかえる。この400年の意味するものを考察することが、シンポジウムの基本的テーマである。

 琉球の統一王朝である琉球王国は、中山王国の尚巴志が、1416年に北山王国、1429年に南山王国を、攻め滅ぼすことによって成立した。薩摩の琉球侵攻によって、古琉球の時代は終焉をむかえることになるが、王国自体は薩摩藩の間接支配下で、1879年の琉球処分(廃琉置県)までの約500年間、存続した。

 奄美諸島南部(沖永良部島、与論島)は、北山王国時代から琉球王国時代を経て、薩摩藩の支配下におかれた。両島にとって<琉球>の時代は、北山時代もふくめると、200年から300年間である。

両島が<琉球>側と戦った記録や伝承は伝えられていないことから、<琉球>の成立過程のなかに組みこまれていたと考えていいのではないか。

 『李朝実録』などの記録から、奄美大島と喜界島も15世紀半ばには、琉球王国の影響下にあったことがわかる。しかし、16世紀後半まで、両島に対しては琉球王府の軍勢が何度も派遣されていることから、奄美諸島北部が琉球王府に完全に服属したのは16世紀後半ということになる。

薩摩の支配下におかれたのは、それから数十年後のことであった。奄美諸島北部にとって<琉球>の時代は、100年から200年間である。

 奄美諸島にとって<薩摩(鹿児島)>の時代(400年)は、<琉球>の時代よりも長い。にもかかわらず、言語、民謡、民俗などの文化は、薩摩の影響を基本的に受けることなく、現在でも琉球文化圏である。

琉球文化圏も、徳之島以北の奄美文化圏、沖永良部島以南から沖縄島周辺の沖縄文化園、宮古・八重山の先島文化圏に分かれる。沖永良部島は<琉球>なのか、<奄美>なのか、ということも一つのテーマである。

 文化的には薩摩(鹿児島)を基本的に受容しなかった奄美諸島だが、政治的、経済的な側面からみると、薩摩の影響を強く受けていた。1609年以降もしばらくは、古琉球時代の統治体制を維持していた薩摩藩だが、「大島置目条々」(1623年)の制定以降、薩摩独自の支配体制の確立に着手していった。

統治体制の機構として、代官所を大島(1610年、大島に代官2名を派遣)、喜界島(1693年)、徳之島(1616年)、沖永良部島(1690年、与論島も管轄)へと設置していった。藩役人と島の女性との通婚によって、島役人層も琉球系から薩摩系へと移り替わっていった。

 薩摩藩による奄美諸島に対する経済政策は、黒糖(さとうきび)政策を軸に展開された。その黒糖政策も、18世紀半ばには黒糖上納体制をしいた徳之島以北と、1850年代まで米(稲作)上納を維持していた沖永良部島、与論島という政策の違いがみられる。

この黒糖政策は、社会的には近世後半、郷士格(豪農)層と家人(債務奴隷)層という階層分化を生み出していった。奄美諸島の黒糖が、薩摩藩による明治維新の経済的基盤となったことは周知のことである。

また、近世期の経済政策(黒糖上納、米上納)の違いが、現在の奄美諸島における農民体質の違いをもたらしたという指摘(大山麟五郎)もある。
スポンサーサイト



<< 第5回ゆいまーる琉球の自治in 沖永良部島のチラシ2 | ホーム | PNGの洪水、キリバスの旱魃、トンガの糖尿病 >>


コメント

しかし、17世紀後半まで、両島に対しては琉球王府の軍勢が何度も派遣されていることから、奄美諸島北部が琉球王府に完全に服属したのは17世紀後半ということになる…上記で17世紀後半とあるのは16世紀後半の誤りでは。

Re: タイトルなし

> しかし、17世紀後半まで、両島に対しては琉球王府の軍勢が何度も派遣されていることから、奄美諸島北部が琉球王府に完全に服属したのは17世紀後半ということになる…上記で17世紀後半とあるのは16世紀後半の誤りでは。


その通りです。ご指摘ありがとうございました。チラシをそのまま紹介しました。すぐに訂正いたします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP