FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

第5回ゆいまーる琉球の自治in 沖永良部島のチラシ2

 薩摩は奄美諸島と琉球王府との関係を完全に断ち切ったわけではない。薩摩の琉球支配のもう一つの目的は、琉球を介した中国との進貢貿易による経済的利益であったからだ。

奄美諸島は対外的には「琉球之内」であった。最後の冊封使の来琉(1866年)のときまで、奄美諸島から那覇へ、貢物が届けられている。これまで薩摩による差別政策という文脈で語られてきた奄美諸島独特の一字姓についても、東アジアの冊封体制という視野からとらえるべきだという指摘(弓削政己)もある。

飢饉時の奄美諸島と琉球間の連携(救米等)、漂着者の送還をめぐる中国、琉球、奄美諸島、薩摩、朝鮮といったネットワークも形成されていた。

 明治初期の奄美諸島は砂糖自由売買運動、家人解放運動が展開された。近世からの解放運動といってもよい。これらについても、新しい史料の発掘と、通説の見直しが進められている。この時期の沖縄は、琉球藩の設置(1872年)、そして琉球処分(1879年)で揺れ動いていた。

これまで琉球処分と奄美諸島の関係は、ほとんど論じられてこなかった。しかし、奄美諸島も琉球処分とは無関係ではなかった。琉球王府、清国政府、明治政府、鹿児島県は、それぞれの思惑から、奄美諸島の帰属をめぐって動いていた。

琉球王府による「道之島」返還要求、清国政府による琉球三分割案、明治政府(大蔵省)による「大島県」設置構想。鹿児島県による砂糖独占販売を維持するための大島商社の設立も、これらの動きを前提にしたうえで、考える必要があるの。

 明治半ば以降の奄美諸島は、鹿児島との関係では半世紀にわたって、独立財政制度下(1888~1941年)におかれていた。沖縄との比較でみると、奄美諸島の別の姿がみえてくる。租税制度、徴兵制度、参政権について、奄美諸島は「鹿児島県大島郡」として、ほぼ全国と足並みをそろえるかたちで導入されていった。

沖縄県の場合、これらの制度は旧慣温存期を経て、奄美諸島よりも20年前後遅れて、導入された。明治政府は学校教育については、奄美諸島だけではなく、琉球処分直後の沖縄県に対しても積極的に導入していった。

しかし、それを受容する側に目をむけると、奄美諸島と沖縄県では、大きな違いがみられる。薩摩支配を通して<ヤマト化>を進めていた奄美諸島における学校教育の受容は、当初から積極的であった。

ところが、中国との進貢貿易を通して<中国化>を進めていた沖縄県では、日清戦争によって清国が日本国に敗北するまで、小学校への就学率はきわめて低かった。これまで近世の薩摩支配をストレートに現在の奄美諸島へ結びつける傾向があったが、近代における国民国家への包摂という過程を経て、現代に至っているということを確認しておかなければならない。

 敗戦によって、奄美諸島は沖縄とともに日本国から切り離され、米国の占領下におかれた。奄美諸島における復帰運動は、奄美大島日本復帰協議会の結成(1951年2月)とともに、組織的に展開された。

奄美共産党の奄美人民共和国政府樹立論、アナーキストの独立論のほか、東京都帰属論、兵庫県帰属論、宮崎県帰属論があったが、講和条約の調印(51年9月)、発効(52年4月)をきっかけにして、「元鹿児島県大島郡の完全復帰」という実質復帰論が主流となり、53年12月25日、奄美諸島は「鹿児島県大島郡」として日本国へ返還された。

「奄美大島日本復帰についての陳情嘆願書」では、薩摩による琉球侵攻と、琉球処分後の清国政府との分島改約交渉を根拠に、奄美諸島は琉球列島にはふくまれておらず、「古来からの日本領土」であったことを主張していた。この問題は現在まで、不問に付されたままである。

 奄美諸島の「日本国」返還から半世紀が過ぎた現在でも、奄美諸島の帰属(道州制)が問われようとしている。琉球侵攻、琉球処分、復帰運動に続く、帰属問題である。薩摩による琉球侵攻から、400年。

それは過去の問題ではない。奄美諸島、そして沖永良部島の島民たちにとっては、現在の問題でもある。シンポジウムを通して、この400年の意味するものを考えたい。

~高橋孝代著『境界性の人類学~重層する沖永良部島民のアイデンティティ~』から~
                               ← 沖永良部島には、知名町(西側)と和泊町(東側)という二つの町がある。和泊町は、薩摩藩の代官所、また西郷隆盛が島流しにあった町でもあることから、薩摩(鹿児島)の影響が強い。

<帰属意識>
<全体>「鹿児島」47% × 「沖縄」53%
<知名町>「鹿児島」37% × 「沖縄」63%

<和泊町>「鹿児島」56% × 「沖縄」44%
【文化的アイデンティティ(どれだけ愛着や親近感を感じますか)】

ア.非常に感じる イ.どちらかといえば感じる ウ.どちらかといえば感じない エ.全く感じない
<沖縄の歌、踊りなどの芸能> ア(54.5%) イ(39.3%) ウ(5.4%) エ(0.8%)
<沖縄の言葉> ア(30.3%) イ(53.7%) ウ(13.4%) エ(2.7%)

<鹿児島の歌、踊りなどの芸能> ア(4.7%) イ(30.6%) ウ(48.7%) エ(16.1%)
<鹿児島の言葉> ア(6.1%) イ(25.0%) ウ(42.7%) エ(26.3%)

 奄美大島から徳之島、沖永良部島、と沖縄に向けて南下してきた島尾は、琉球により近づくことによって「沖縄らしさ」が、そのまま距離に応じて増大してくるものではなく、むしろ琉球と薩摩(大和)とのあいだで時空間のさまざまなねじれを体現する奄美群島の屈折を、この島(沖永良部島のこと/前利)でより強く意識した。
(今福龍太著『群島-世界論』、112P)
スポンサーサイト



<< 国境をこえた島と島とのネットワーク | ホーム | 第5回ゆいまーる琉球の自治in 沖永良部島のチラシ1 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP