FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

国境をこえた島と島とのネットワーク

4月16日の八重山毎日新聞に八重山諸島と台湾との国境をこえた交流さらに進めるための協定が結ばれたとの報道がありましたので、お知らせします。




【台湾・花蓮市】3市町長と花蓮市の蔡啓塔(ツァイ・チタ)市長は15日、花蓮や蘇澳など台湾東部地域と八重山の間で、直行ルートの定期化などを目指すことを盛り込んだ「国境交流推進共同宣言」に調印した。

台湾東部と八重山の自治体がこれまで1対1で培ってきた交流を圏域間の結び付きに拡大し、観光や文化、経済の交流を強化することをうたったもので、推進体制の構築が今後の課題となる。

宣言は両地域の関係を「国境が隔てる2地域だが、家族のような親密さで付き合いを続けている」とし、「台湾東部・沖縄八重山諸島観光経済圏」の形成を推進するために

▽「国境交流推進拡大合同会議」を年1回、両地で交互に開催し、観光・文化・経済産業の交流推進について意見交換する

▽直航交通ルートの実現と提起。手始めに、修学旅行やスポーツの交流、産業視察のツアーなどの実施に努めることを盛り込んだ。

 同宣言を調印した共同観光生活圏会議は15日午後、花蓮市内で開かれ、台湾政府外交部(外務省に相当)や台東県政府、蘇澳鎮、花蓮の農協や漁協、台湾の運輸会社などの関係者合わせて約60人が出席した。

蔡市長は「両地域の間で、実質的な交流ができるように訴えていかなければならない」と改めて強調し、直行交通ルートの確保が急務との考えを示した。

 両地域間の交流のきっかけを作った外間守吉与那国町長は「与那国だけではキャパが頭打ちだったが、(圏域間の交流によって)キャパが広げられる」、大浜長照石垣市長は「両地域が交流するという構想は、経済交流圏の構築につながる」とそれぞれ期待を語った。

 初訪台となった川満栄長竹富町長は「八重山と台湾の交流が深まれば、両地域が発展する」とコメント。外間町長から台東県との交流について勧められると、「議会に報告し、できるだけ誘導できるようにベストを尽くす」と述べた。

八重山では、石垣市が台湾東部の蘇澳鎮と花蓮港、与那国町が花蓮市との間で友好関係を結んでいる。

与那国町は「自立ビジョン」を策定した2005年3月以降、独自に花蓮や台湾との結び付きを強めてきたが、「圏域レベルで交流する必要がある」と石垣市と竹富町に提起していた。
スポンサーサイト



<< PNGと中国、パラオの遺骨収集、トンガのカボチャ | ホーム | 第5回ゆいまーる琉球の自治in 沖永良部島のチラシ2 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP