FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

PNGと中国、パラオの遺骨収集、トンガのカボチャ

07年10月の太平洋ニュースをお伝えします。
太平洋島しょ国の中で最大の資源国であるパプアニューギニアと、経済成長の過程にある中国との経済関係が強化されています。


10/2 PIR
 中国とプアニューギニアとの経済関係が強化されている。

中国から「国際貿易振興のための中国評議会(CCPIT)」の一行がパプアニューギニアを訪問している。12人の代表団は中国の政府、民間部門からなる人々であり、ビジネス、貿易活動に関する意見交換を目的としている。

両国の貿易、経済活動は増大し続けているが、その理由はパプアニューギニアがグローバル経済の流れに適応するために貿易、投資相手先を多様化しようとしているからであるとされている。

パプアニューギニアに対する中国による最大の投資は、中国金属グループが実施しているマダン州におけるニッケル鋼材の開発である。パプアニューギニア政府は、同開発により中国に対する信頼がさらに深まるだろうと期待している。


私がグアム、パラオの日本総領事館、日本大使館働いてきたときにも、日本兵の遺骨が発見されていました。まだ戦争は終わっていません。


10/4 PIR
 日本の団体がパラオにおいて戦時中に亡くなった日本人遺骨を収集する。

ペリリュー州政府は、日本の「南洋交流協会」が海底掘削工事、道路建設、養殖、海運等に関する技術支援や経済支援を実施することを条件にして、同協会が戦時中、ぺリリュー島において亡くなった日本人遺骨を収集することについて合意したことを明らかにした。

南洋交流協会は同島において洞窟を開き、遺骨を収集し、遺骨を日本に送り、正式に埋葬する権利を有することになった。

同協会は、昨晩、パラオの第13回独立記念式典において打ち上げられた花火を寄贈した団体でもある。同協会の滑川会長は、野球道具等をパラオメージャーリーグに寄贈した。


トンガにとって日本と韓国はカボチャ輸出市場として非常に重要になっています。太平洋諸島とアジア諸国との経済関係の強化はこの事例からも分かります。



10/9 PIR
 トンガでは新しいカボチャの品種に期待している。

「オレンジ王子」という名称の新しいカボチャの品種が今月、初めて韓国に輸出され、この品種によって同国のカボチャ産業の再生が期待されている。新しい品種のカボチャ50トンの韓国への輸出は試験的なものである。

もしも新しい品種のカボチャを韓国人が評価したら、トンガのカボチャ産業は再生するだろうと希望がもたれている。「オレンジ王子」と通常の緑色の品種との一番の違いは、新しい方がより繊細な味であることである。

同国の世界貿易社は、今年、全体で600トン(そのうち50トンが「オレンジ王子」、550トンがエピシュ品種)のカボチャを輸出する予定である。エピシュ品種のカボチャはこれまで日本、韓国に輸出されてきたものである。

同社は昨年1000トンのカボチャを輸出してきたが、今年は不作となり、600トンにとどまった。2007年におけるトンガ全体の輸出量は5000トンを目標にしているが、それはトンガにおけるカボチャ輸出の歴史において最低の輸出量となる。
スポンサーサイト



<< 第5回ゆいまーる琉球の集いの参加申し込み | ホーム | 国境をこえた島と島とのネットワーク >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP