FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『戦後奄美経済社会論』の紹介

皆村武一さんが書かれた『戦後奄美経済社会論―開発と自立のジレンマ』日本経済評論社をご紹介いたします。

皆村さんは現在、鹿児島大学において地域経済を教えられている先生です。

皆村さんは沖永良部島出身であり、奄美諸島の経済自立に関して実証的に論じられています。それとともに、本書からは島人の魂の声をも聞くことができます。


本書の220ページには次のような記述があります。

「従来のような開発政策を遂行していけば、ますます外部依存性が高まり、自立化の道はさらに遠のくであろうし、郡民の主体的な取り組みによる郡内資源を最大限に活用した内発的な開発政策は、自立(律)性を高めていくであろう。

開発と自立のジレンマを克服し、開発と生態系の調和を図っていくためにも、従来の方針の見直しが必要である。」


沖縄県の島々も奄美諸島と同じく、これまでの振興開発を続けたのでは依存と従属の道が深まることは確実です。

内発的開発政策が求められますが、その主体は住民自身となるでしょう。
住民参加がない、上からの開発は地域の自立にはつながりません。

今週、17日から始まる奄美大島宇検村での、車座での集いでは島々の開発と自立についても、個々の事例を出し合いながら議論していきたいです。
スポンサーサイト



<< 『うるまネシア第8号:琉球救国運動130年』の紹介 | ホーム | ゆいまーる沖縄の玉城幹男さん >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP