FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

キリバスの旱魃、グアムの基地増強とミクロネシア、台湾と太平洋諸国

07年10月の太平洋諸島ニュースをお送りします。気候変動で旱魃が島々で増えているような気がします。コプラとは、ココナツの実を乾燥させたもので、島嶼国の主要な輸出品の一つです。



10/11 PIR
 キリバスで旱魃が続き、コプラ産業が被害をうけている。

キリバスの南部環礁において旱魃が続き、コプラ産業が被害をうけている。これらの環礁における主な収入源はココナツであるが、現在までに甚大な被害が発生している。

キリバスは中西部太平洋において、三つのグループからなる島国である。ギルバート諸島、無人島のフェニックス諸島、ライン諸島等である。

1999年にもキリバスは大旱魃におそわれ、同国政府は100万米ドルの予算を投下して、短期的な救済措置として海水の淡水化装置を購入した。今年の旱魃により、同国の南部におけるコプラの貿易量が急激に減少している。

その結果、コプラを海外に輸出しているキリバス・コプラ協会、ココナツ関連商品を製造しているキリバス・コプラ工場も影響を受けるだろう。


グアムにおける基地機能の増強は、グアムだけにその経済的影響がとどまるのではなく、周辺のミクロネシア諸地域にも及び、近代化、開発の影響を与えることが予想されます。



10/11 PIR
 グアムにおける軍事機能の強化がミクロネシア地域に影響を与えている。

米政府の内務省が実施した会議に参加したミクロネシア諸島の人々が、グアムで計画されている基地建設からの経済的恩恵に期待する声をあげた。

ミクロネシア諸島に対する経済的恩恵は、軍事訓練の実施を通じてだけでなく、観光、海運・空輸等を通して及ぶであろう。パラオ政府は、同国内にある無人島を米軍の軍事訓練場として提供することを提案し、また、多くの米軍人、その家族が休暇で同国を訪問することを歓迎している。

これらの人々がパラオを訪問すれば、ボートや車のレンタルのようなサービス業が潤い、商品の売り上げも増大するとの期待もある。グアムには現在、1万4千人の軍人がいるが、将来は4万人に増えると予想されている。

また、グアムにおける基地建設のために、さらに1万2千人の労働者が必要とされよう。


太平洋諸島フォーラムとは、太平洋島しょ国と豪州、ニュージーランドが参加する国際機構であり、毎年総会を開いています。総会には、日本、中国、台湾等、域外国も参加し、島嶼国と協議を行っています。


10/20 PIR
 台湾を支持する島嶼国が、太平洋諸島フォーラムにおいて台湾を域外対話国としての地位を認めるよう求めた。

台湾と外交関係を有している太平洋島嶼国は、太平洋諸島フォーラムにおいて、台湾が域外対話国として扱われるよう求めている。

第15回台湾―太平洋諸島フォーラム島嶼国会議の後に実施された記者会見において、台湾と外交関係を有している6つの島嶼国は、台湾を域外対話国にするように求めた。6カ国の共同声明では、台湾との会議がフォーラム総会会議場とは異なる場所で実施されている現状は、他の太平洋島嶼国と同等の資格を有するこれら6つの島嶼国に対する軽視の現われであり、台湾を総会議場に招いて会議に参加させるべきであるとした。

台湾政府がソロモン諸島のソガバレ首相を台湾に招くことで、総会を欠席させ、フォーラム総会を混乱に招いたという批判に対して、台湾政府側は次のように述べて否定した。つまり、ソガバレ首相は自国にとって重要と思ういかなる会議にも参加する権利があると。

台湾政府は、2008年の初頭において、太平洋島嶼国に対する年間100万米ドルの援助に加えて、165000米ドルの追加援助の提供を行うだろう。
スポンサーサイト



<< ベネズエラと太平洋諸島、パラオのタイヤリサイクル、PNGと日本 | ホーム | ハンセン病と琉球の自治 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP