FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

薩摩侵攻から400年、奄美市笠利町津代古戦場跡で慰霊の集い

4月14日の南海日日新聞におきまして、薩摩軍の侵略による犠牲者に対する慰霊祭に関する記事がありましたので、ご紹介します。森本さんの三七の会は、以前から薩摩軍侵略に対して強い思いを持って、慰霊祭、調査、集い等をされてきました。



二〇〇九年は薩摩軍の奄美、琉球侵攻から四百年の節目にあたる。奄美大島の「三七(みな)の会」(事務局・森本眞一郎さん)は十二日、薩摩軍が上陸、戦闘があったといわれる奄美市笠利町津代で「慰霊のゆらい(集い)」を開催した。

参列した人々は戦闘で犠牲となった先祖の霊を慰めるとともに、「四百年を奄美の将来を考える契機にしよう」と訴えた。

 「三七の会」は薩摩軍が上陸した一六〇九年の旧暦三月七日にちなんで命名。一九九七年から「ゆらい」を続けている。ことしは薩摩軍の侵攻四百年ということもあり、七十人を超える人々が参列。関東や関西、徳之島からも駆け付けた。

 「ゆらい」にあたって朝山毅・元笠利町長は「奄美の人々はかつて自分たちの歴史や文化、出自に自信の持てない時期があったが、今の子どもたちは違う。堂々と『奄美大島の出身』と言える。それは皆さんが誇りを持って伝えたからだ。将来に希望を持ち、津代を連携の地にしたい」とあいさつした。

 三七の会の薗博明さん(74)は「十三年前、山の中で人骨を見たことがきっかけになり、ささやかな催しが始まった。先人たちが必死になって子孫を守ろうとした思いを受け継ぎ、これからの奄美を考えるステップにしたい」と訴えた。

 島唄の唄者・築地俊造さんが「よいすら節」に乗せて鎮魂歌をささげた後、参列者がそれぞれソテツ葉を“献花”。笠利の「いっちゃりょん会」(橋口勝会長)は八月踊り、六調を披露した。「ゆらい」に続いて「語る会」があり、出席した人々は「シマンチュとしての誇りを内外に発信していこう」と申し合わせた。

 薩摩軍は一六〇九年三月七日、奄美大島に入った。津代湊には総大将の樺山久高の船団が入ったといわれている。西藩野史(薩摩の記録)は津代では笠利の大親が三千人を率いて応戦したが、鉄砲の前には歯が立たずに敗走した、と伝えている。
スポンサーサイト



<< 三七の会のメッセージ 1 | ホーム | ベネズエラと太平洋諸島、パラオのタイヤリサイクル、PNGと日本 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP