FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

三七の会のメッセージ 1

昨日のブログで三七の会の集いについてご報告しましたが、奄美大島に住む森本眞一郎さんから、三七の会集いの当日メッセージを頂戴しましたので、ご報告いたします。森本さん、ありがとうございました。



「しまぬ世(ゆ)」へ!
―奄美大島、津代(シチロ)の寄合(ゆら)いから―
 
今日、ここ笠利町手花部の津代の湊に、内外から多くの方々が駆けつけました。
「三七の会」の一人として、心よりオボコリ(感謝)いたします。
私たちはなんのためにここ津代の地で寄合っているのでしょうか?

ヲゥギ(荻)ハギで忙しい季節、ここ津代から何が問われているのでしょうか?
ワン自身は、現在の自分と明日の奄美のありかたを問うためです。

具体的には、4百年前の一六〇九年旧暦三月七日という日を忘れないためです。

なぜならここ「津代の戦い」は単なるイクサの一つではなく、奄美と琉球諸島の歴史上、まさに天下分け目の戦いが始まり、圧倒的な薩摩軍団による火縄銃の火蓋が切られたという歴史的な時と所だからです。

私たちは「関が原の合戦」(一六〇〇年)を学んできました。が、それは日本国が徳川方と豊臣方に分かれての日本人(ヤマトンチュウ)同士の権力闘争であり、私たち亜熱帯のコーラル文化圏のシマンチュ(島人)とは縁もゆかりもない遠い異国での政権抗争だった、くらいに軽く考えていました。

ところが政権を取った徳川幕府から奄美・琉球侵略のお墨付きをもらった薩摩の黒船軍団が、一六〇九年三月七日、琉球弧のリーフ内に「侵略」してきて、その後大変なことになった、ということなどは家庭や学校でも全く教えられてきませんでした。自分たち自身の固有の歴史をです。

ここでいう「侵略」は、「侵攻」という概念とは中身が全く違います。

「侵攻」とは、アメリカのイラク侵攻のように相手国に攻撃を仕かけてその領土を侵す行為ですが、「侵略」は、自衛でなく一方的に相手国の主権・領土や独立を奪う行為のことです。

奄美の島々は大島各地と徳之島での戦いに敗れ、薩摩が直轄して経営する植民地(領土)となり、現在の日本国鹿児島県民になったのでした。琉球国は明治十二年に日本国に併合(廃国置県)されました。ですから、北海道でシャモ(和人)に抵抗しながらも併合されたアイヌの歴史と同じく、四百年前の琉球弧各地での戦いは、厳密な意味で琉球弧の主権・領土・独立の侵略にあたります。

国連の人権委員会は二〇〇八年十月三十日、日本政府に対して「アイヌ民族および琉球民族を国内立法下において先住民と公的に認め、文化遺産や伝統生活様式の保護促進を講ずること」と勧告しました。

人種差別・マイノリティーの権利として「琉球民族」が明記されるのは初めてです。勧告では、「彼らの土地の権利を認めるべきだ。アイヌ民族・琉球民族の子どもたちが民族の言語、文化について習得できるよう十分な機会を与え、通常の教育課程の中にアイヌ、琉球・沖縄の文化に関する教育も導入すべきだ」と求めています。

さらに、ユネスコでは今年の二月二十一日、私たちが話している「シマグチ」も日本語の「方言」ではなく、独立した「奄美語」であり、しかも絶滅の危険にあると発表したのです。

一六〇九年以降、我々の環境と暮らしぶりは、哀れなまでに変わりましたが、薩摩はなぜ奄美・沖縄を侵略したのでしょうか?

その背景は色々あるようですが一点だけあげますと、薩摩藩の財政赤字がありました。赤字の原因も一つだけあげますと、過剰な武士団の存在がありました。全国の士分は平均して人口の0,5%(千人に1人)でしたが、当時の薩摩藩はなんと40%(千人中四百人!)も占めていたのです。

明治維新の前後には島津家の殿様たちや、ヒロイン篤姫・ヒーロー西郷隆盛など数々の物語が生まれました。しかし、薩摩藩の超級のドル箱だった奄美の黒砂糖地獄の下支えがあったればこその物語りです。

明治以降、日本の士族たちは官僚や軍部となり、今度は台湾・朝鮮・中国などアジア各地に侵略していきました。それを可能にしたのも、薩摩藩が奄美・沖縄を一六〇九年に侵略したことで、異国での植民地経営のノウハウを蓄積していたからです。

明治から戦前になっても、奄美には鹿児島県の予算を回さないという独立経済の差別と支配が続きました。

米国軍政府から復帰して五十六年目の現在も、「奄美群島振興開発特別措置法」によって、日本国と鹿児島県による世界でも貴重な奄美の資源を収奪する環境破壊が続いています。

スポンサーサイト



<< 三七の会のメッセージ 2 | ホーム | 薩摩侵攻から400年、奄美市笠利町津代古戦場跡で慰霊の集い >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP