FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

三七の会のメッセージ 2

しかし、日本の歴史の中で奄美の詳細な歴史や支配の実態などはいまだに封印されたままです。

ここ笠利湾からは、奄美と日本の四百年間の歴史の大河が一望に見わたせます。
これからの私たちは、奄美の歴史を一六〇九年を軸にして、沖縄、鹿児島、日本などと堂々と渡りあうことが必要ではないでしょうか。汝きゃ我きゃマージン(ともに)、津代のゆらいを毎年、積み重ねていきましょう。

そして、ここから奄美のシマンチュとしての誇りと未来像を内外に発信していこうではありせんか。

奄美の歴史を知るために、ぜひ読んでいただきたいテキストを二冊、紹介させていただきます。

お二人とも歴史の専門家ではなく、ごく普通の奄美出身のシマンチュです。奄美のシマウタ、八月踊り、暮らしかたなどと同じく、普通のシマンチュの才能はスゴイ!とつくづく思います。

奄美人の一六〇九年から現在にいたる四百年間の歴史とアイデンティティを問うたのが、『奄美自立論』の喜山荘一さんです。薩摩藩の法律(「大島置目之条々」「大島御規模帳」など)によって、奄美は「琉球の仲間ではない、大和の仲間でもない。だが、時と場合で琉球の仲間のふりをしろ、大和の仲間のふりをしろ」と強制されたため、奄美人は無国籍の状態だった。

それを解消するにはそれぞれが還るべき場所を確保すべきだと説いています。

『しまぬ世(ゆ)』の義 富弘さんは「三七の会」のメンバーで、古代から薩摩の奄美・琉球侵略までの歴史を克明に記してくれました。

我々はこの二冊によって奄美の歴史を身近に感じることができるようになったのです。ぜひ、手にされてください。それぞれの歴史を忘れたり知らない者は将来、同じ過ちを繰り返すからです。私たちがつくる歴史は未来からやってくるのです。

「しまぬ世(ゆ)」とは、「しま(シマ&島)の世」のことで私たちの造語です。

奄美には八つの島に、二百五十あまりの部落(シマ)(故郷・ホーム)があります。
私たちは将来、琉球弧(南西諸島)の島々がお互いに寄合って、「しま世界の自立と連帯」のために、「しまぬ世連合」(「しま連」?)のようなゆるやかな連合体ができればいいなと思っています。

私たちが目ざす「しまぬ世の自立と連帯」とは、それぞれの「しま」が自前の生き方でつながっていくことです。

奄美の二百五十あまりのシマは、それぞれの遺伝子を個性的に生きています。
だから、どこの「しま」もユムタ(ことば)や顔がそれぞれに違うのです。

「それは水が違うから」だとウヤフジガナシたちは八月踊りや唄で伝えています。
深い宇宙観に根ざした自然と祖霊への畏敬が「しま」には散りばめられています。
「親先祖拝でぃ、神拝め」ということわざがあります。

「神の上に水がある」とユタ神の阿世地照信さんは唱えました。
「自然ち逆らわんにっし生きりゅんくとぅかもやぁ」
これは、築地俊三さんに「汝んぬしまぬ世とは?」とたずねたときの答え。

「忘れぃんしょんなよ~いしょ(忙)なかぁあたんてぃむ~忘れぃんしょんなよ~しまうた~しまぐち~しまをぅどり~すら~忘れぃんしょんなよ~」と即興の詞で唄ってもくれました。

シマユムタ(ことば)やシマウタには、結(ゆい)の心や太古から「しま」の自然に根を張ってきたしたたかで、しなやかな「しまの力」が秘められています。

私たちは、島宇宙(銀河系)の中の「地球」という一つの「水のしま」で生かされています。これからは、それぞれの「しまぬ世」の多様なつながりで結びの海を渡っていきましょう。

そのためには・・・

二〇〇九年四月十二日(一六〇九年から四百年目に)
     「三七の会」森本眞一郎
スポンサーサイト



<< 奄美大島の龍郷町で40年ぶりの田植え | ホーム | 三七の会のメッセージ 1 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP