FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

奄美大島の龍郷町で40年ぶりの田植え

4月18日の南海日日新聞において40年ぶりに田植えが行われたとの、うれしい記事がありましたので、お伝えします。今後の村おこし隊の活躍が期待されます。




龍郷町の龍郷集落で十七日、約四十年ぶりに田植えが行われた。長く放置されていた休耕地の一部を、有志が草刈りの段階から整備し、「田んぼが広がっていたかつての風景をいま一度」という集落の夢に向け、新たな一歩を踏み出した。

 田植えが行われたのは龍郷小学校グラウンドそばの五アールほどの一画。村おこし隊(宇都宮英之会長)の呼び掛けで地域の老若男女約三十人が参加した。冒頭には龍郷小の児童二十六人も足を踏み入れ、恐る恐る泥の感触を体験した。

 同集落では約四十年前までは二十ヘクタールもの水田が広がり、隣近所が協力し合って田植えを行う光景は日常的だった。しかし、国の減反政策や高齢化によりその後、「龍郷の米」は姿を消した。

 昨秋、休耕田でのハブ出現が相次ぎ、数人で草刈りをしたことがきっかけで、「田んぼ復活」の夢が始動。根起しの作業を毎日少しずつ続けるうちに協力者が少しずつ増え、「村おこし隊」が結成された。

素人ばかりのため、秋名小学校に何度も足を運び、子どもたちと一緒に授業を受けながら苗を育てた。十一月末から五カ月をかけ、この日の田植えにこぎ着けた。

 宇都宮会長は「田んぼの復活が続けば、将来それを糧に子どもたちが集落に帰って来る事ができる。小学生の環境教育にも役立てていきたい」と展望を語った。次の田んぼ復活に向け、今後は隣の休耕地の草刈りに取り掛かる予定。

村おこし隊メンバーは現在十数人だが、出身者も対象に広く募り、水稲事業のほか、集落整備などの活動を行っていくという。

 約五十年ぶりに田植えを体験したという小松ツヤ子さん(89)は「入る前は泥に足を取られるかと思ったが、体が感覚を覚えていて作業できた。皆で集まって作業するのは楽しく懐かしかった。また田んぼの風景が戻るとうれしい」と笑顔で語った。
スポンサーサイト



<< ナウルのスリランカ人、PNGと豪州と中国、パラオのエコツーリズム | ホーム | 三七の会のメッセージ 2 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP