FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ナウルのスリランカ人、PNGと豪州と中国、パラオのエコツーリズム

07年9月の太平洋諸島ニュースをお伝えします。



9/6 PIR
 ナウルの難民施設にいるスリランカ人がハンガーストライキを起こしている。

ナウルの難民施設にいるスリランカ人は、豪州政府が自分たちの難民問題を解決するのをいつまでもち続けるよりも、死んだ方がましであるとしてハンガーストライキを行っている。

スリランカ人難民82人のうち55人がストライキに参加しており、一日に2杯のお茶しか飲んでいない。彼らは豪州政府が自分たちの求めを受け入れない限りストライキを止めないと主張している。「太平洋解決」と呼ばれている、豪州政府がナウルに設置した難民施設は、豪州に正式に認められていない難民ボートが豪州に着岸するのを防ぐために設置されたものである。

ハンガーストライキが原因で6人のスリランカ人が病院に担ぎこまれた。



9/10 PIR
 豪州がパプアニューギニアにおける中国の影響力拡大に懸念を示している。

パプアニューギニア(PNG)のソマレ首相は、中国の胡錦濤国家主席と会談した。ソマレ首相は、PNGと豪州との関係は厳しくなるかもしれないが、今後とも「ルック・ノース」政策を実行することを強調した。

豪州政府のダウナー外相は、太平洋島嶼国に対して中国がインフラ関係の援助を増大していることは好ましいことであると述べた。

また同外相は、「これまで我々が島嶼国におけるガバナンスの改善を支援してきたが、中国がさらにこの分野に対して支援を行い、島嶼国のガバナンスを悪化させないことを我々は希望している。中国政府の援助によって、島嶼国の汚職がなくなり、グッド・ガバナンスが実現されることを望みたい。」と述べた。


9/10 PIR
 パラオのエサール州においてエコツーリズム・クルーズが始まった。

エサール州と、日本の投資家であるツアー・バンク・システム・パラオが9月6日、パラオでは最初となる、ジャングルの中の川をボートでクルージングするエコツーリズムが始まった。

クルージングが行われるシミズ川とその周辺には多くの歴史があり、生物も多様であり、ワニも生息している。戦前は、日本人農家が、パイナップル工場、タピオカ加工場で働いていた。また川の周辺には韓国人も住んでいた。

クルージングの中で発電所の跡、製材所などの歴史的遺跡を見ることが出来よう。
スポンサーサイト



<< 琉球の失業問題 | ホーム | 奄美大島の龍郷町で40年ぶりの田植え >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP