FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『うるまネシア第8号:琉球救国運動130年』の紹介

『うるまネシア』は 琉球弧の自立・独立・論争誌であり、「21世紀同人会」が発行しています。

1879年に琉球が日本に併合され、沖縄県となりました。

その後、滅亡した琉球国の士族等が併合に反対し、国を救うための運動、「琉球救国運動」を展開してきました。

特集にあって編集者は次のように述べています。

「自己の権利を求めて、自己の社会の自立を求めていくことがそんなに悪なのか。

自分たちの政治社会を解体させられた私たちは、情報をコントロールされ、文化をコントロールされてきたのではないか。

現在の私たちにとっては、自分たちの政治社会を考え、自分たちの生活をも犠牲にしながら、琉球救国運動に取り組んだ先人の足跡を見直し、私たちにとっての位置から再評価しなおしていくことが必要だろう。」

琉球救国運動については『環:今こそ、琉球の自治を』でも西里さん、後田多さんが論じていますが、現在の琉球の自治を考える上においても重要な歴史事実であると考えます。

琉球史を単に、実証的に研究したり、ノスタルジーを求めて関心をもつのでなく、現在の自治の観点から新たに評価して、見直す動きが始まっています。

自治は自治体の財政問題に終始する傾向がありますが、自治とは地域の歴史や文化を基盤においたものであり、歴史からも学ばなくてはならないものだと思います。

また、当時の救国運動の担い手は首里、那覇の士族層が多かったかと思いますが、彼らはどのように奄美諸島、宮古・八重山諸島を新しい「琉球国」において位置づけていたのかに関心があります。

琉球のそれぞれの島の自治にとって、琉球救国運動がどのような意味を有するのかを考えていく必要があるかと思います。





『うるまネシア』8号(2006年9月10日発行)  
「特集 琉球救国運動130年」 
「琉球救国運動130年」にあたって 

琉球救国運動略史・・・・・・・・・・・・・・・後田多敦 
脱清人から学ぶこと・・・・・・・・・・・・・・高良勉 
琉球王国の抵抗・・・・・・・・・・・・・・・・大城よし武
 
「沖縄型近代」を目指す思想・・・・・・・・・・新島  洋 
幸地朝常の手紙・・・・・・・・・・・・・・・・後田多敦 
浦添朝昭と宜野湾朝保の写真・・・・・・・・・・後田多敦 

台湾社会の琉球イメージ・・・・・・・・・・・・赤嶺守 
琉球・沖縄から見た「靖国問題」・・・・・・・・又吉盛清 
脱清人の系譜・・・・・・・・・・・・・・・・・渡久山朝章 

浦添家の代々に伝わるできごと・・・・・・・・・浦添健 
皇帝からの贈り物・・・・・・・・・・・・・・・河合民子 
ファン・ボイ・チャウと琉球・・・・・・・・・・太平ヤマ 

史料紹介「琉球藩地ニ於テ木梨書記官応接書上申」・・・後田多敦 
日本国家植民地論(7)・・・・・・・・・・・・大城よし武 
沖縄独立研究・序説(8)・・・・・・・・・・・真久田正 

日本国家植民地論(7)・・・・・・・・・・・・大城よし武 
海邦小国記(5)・・・・・・・・・・・・・・・後田多敦 
「自立」を拒むもの・・・・・・・・・・・・・・知念勝美 
ほか

 「うるまネシア」のホームページより


スポンサーサイト



<< 魚眼レンズでブログの紹介 | ホーム | 『戦後奄美経済社会論』の紹介 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP