FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

パラオと中国、ソロモン諸島と携帯電話、パラオと台湾

07年9月の太平洋ニュースをお届けします。文中のジョエル・トリビオン議員はジョンソン・トリビオン現大統領の兄弟です。


9/26 PIR
 中国からのビジネス使節団がパラオを訪問している。

「アメリカ・オセアニア問題の国際理解に関する中国連合」という団体のメンバーである5人の中国人がパラオを訪問し、地元ビジネスマンとの交流を行っている。ジョエル・トリビオン・パラオ下院議員は、中国とパラオとの関係強化を公けに支持しており、今、パラオ・中国間の友好関係が形成されていると述べた。

トリビオン議員は、パラオは国連の加盟国であり、他の国々と友好関係を自由に結ぶことが出来ると語った。同中国連合は、NPOとして登録される予定であるが、その主な目的はパラオにおいてビジネスを行うことにある。

トリビオン議員は、中国人はグアム、サイパン、そしてパラオにおいて中国市場を対象にした観光業を発展させようとしていると語った。同議員は、レメンゲソウ大統領に対して非常に批判的であり、大統領は中国を恐れるべきではないと述べた。また同議員は、台湾を自らの一地方と考える中国の主張は将来、実現するだろうと語った。


9/27 PIR
 携帯電話サービスがソロモン諸島において拡大している。

ソロモン諸島テレコム・ブリーズ・モービル・サービス社が同国のムンダ、ノロで営業を行い、販売量も拡大している。ムンダ、ノロは、同国のニュージョージア島の北西部の海岸地帯に位置する町である。

携帯電話は両町内外の住民に対して大きな影響を与えている。携帯電話の導入により、地方のラジオ放送システムは古臭くなり、費用がかかるものとなった。携帯電話により地域住民間のコミュニケーションも大きく促されている。


9/28 PIR
 パラオの国会議員は台湾の国連加盟を支持している。

パラオの上院、下院議会において、台湾が国連に加盟することを支持する決議案が採択された。同決議案は、国際社会に対しても台湾の国連加盟を支持するように求め、台湾が全世界の中で18位の経済規模を誇り、また世界の貿易国としての16位の位置にあり、外国投資でも世界の上位20位の一つに数えられると指摘した。

また同決議案において、台湾には主権国家として他の国と関係を有することのできる、特定の人民、一定の領土、政府があり、国連憲章に基づいて国連に加盟する十分の権利と能力を台湾がもっていることが指摘されている。
スポンサーサイト



<< 徳之島シンポジウムについて三七の会からのお知らせ | ホーム | 琉球の失業問題 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP