FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

徳之島シンポジウムについて三七の会からのお知らせ

奄美大島で、島津藩侵略を問うている三七の会の森本さんから以下のようなメールが届きましたので、ご紹介いたします。



森本@アマミアン@「三七の会事務局」です。

きたる、五月二日(土)に徳之島で2009年のシンポジウムがあります。

http://kansai-amamikai.sakura.ne.jp/pr/400.html

「薩摩藩奄美琉球侵攻400年記念事業実行委員会」(0997・82。・1111)

Fax→099-248-5457
Male→kikaku2@tokunoshima-town.org

このシンポジウムで島津修久氏(32代当主)が来賓の挨拶をするそうです。
どのような内容かはわかりませんが、「400年間の反省と謝罪と未来へ向けて」語ることと想われます。

鹿児島県や日本国の当局による公式声明ならともかく、
一私人による、奄美・沖縄との歴史の総括や、幕引きを図られてはたまりません。
公式な見解につながることにはならない、無責任な挨拶やメーッセージはお断りしたいものです。

つきましては、島津家当主の来賓挨拶をとりやめてもらうべく、「三七の会」として、徳之島町当局(町長)へ申し入れいたします。

ご賛同なさる方は、このメールの添付「申し入れ書」にご住所と氏名を記入なされて、送信して下されますようお願いいたします。

奄美市名瀬末広町7-11
「三七の会」事務局・森本眞一郎
090(5944)2384

2009年4月  日
「薩摩藩奄美琉球侵攻400年記念事業」
実行委員会 会長 高岡秀規殿
住所
氏名

申し入れ書



私は、今回の意義深い事業について盛会を祈念している者の一人です。

現段階で「薩摩藩奄美琉球侵攻400年」の歴史認識はそれぞれに大きく分かれています。
にもかかわらず、当日、島津氏の当主がこのことに関して、挨拶なさることは、奄美の歴史に誤ったメッセージを送ることになるのではと大変、危惧しております。

我々民衆の歴史を旧支配者の手打ちの挨拶で終わらせてはなりません。
五月二日のシンポジウムが、奄美・沖縄・鹿児島・日本などの歴史認識にとって取り返しのつかない「屈辱の日」にならないよう衷心から願っております。したがいまして、

※ 島津氏当主の挨拶を取りやめていただきたい!

一六〇九年以降の史実については未だ評価も定まらず、パネリストの金城正篤氏の著書『琉球処分論』を一読なされば、現在の奄美・沖縄の問題に波及することであることはすぐに察知できます。

重ねて申しいれいたします。
島津氏当主の挨拶は時期尚早です。
絶対に取りやめてください。

以上
スポンサーサイト



<< mizumaさんへ:本日ブログ内容に対する私の考え | ホーム | パラオと中国、ソロモン諸島と携帯電話、パラオと台湾 >>


コメント

初めてコメントさせていただきます。
正直、このメイルの内容については、ここまでしなくてもと思います。
ようやく薩摩側から奄美・沖縄への侵略の歴史について言葉を発するわけです。
それを内容も確認せずに制止するのはどうかと。
ともに歴史を語るようになれたとはとれないでしょうか。
松島さんはどうお考えですか。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP