FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

mizumaさんへ:本日ブログ内容に対する私の考え

mizumaさま

本日のブログについてのコメントありがとうございました。

私自身は次のように考えて森本さんからのメールを皆様に紹介しました。

島津藩の琉球侵略400年を考える場所に島津当主が来て、挨拶をすることに対して、長年、奄美大島で侵略問題を問い続けている三七の会が反対していることを、多くの方に知ってもらいたかったので、ご紹介しました。

つまり、島津家当主による発言によって、400年前の侵略とその後の植民地支配をうやむやにされたくないという森本さんらの声に耳を傾けたいと思います。

もっとも、島津家当主が何かをいったからといって、侵略と植民地支配がもつ歴史的責任問題は解決されません。当主は現在なんらかの政治的権限をもっていません。廃藩置県を考えれば、むしろ鹿児島県の知事などの幹部が来場して自らの歴史認識を示す必要があるでしょう。

さらにいえば、江戸幕府が侵略と植民地支配を認めたのであり、江戸幕府の現在における継承者と考えられる日本政府の奄美諸島に対する歴史認識も問われてくると考えます。

1893年、ハワイ王国は米海兵隊の介入するクデターにより滅亡させられました。その100年後の1993年、米議会は、ハワイの米国併合にいたる過程が違法であったことを認め、両院による謝罪決議を採択し当時のクリントン大統領もハワイの地にて謝罪しました。

私は、日本政府、国会は、島津侵略、その後の植民地支配に対する謝罪、賠償等を行うべきであると考えます。

話を元に戻すと、たとえ徳之島のシンポジウムで島津家の当主が謝罪をしても、日本と奄美諸島との関係性は何もかわらないし、三七の会のように、どこまでも問い続ける奄美諸島の人々がいると思います。

私自身も今月15日から17日まで沖永良部島で開かれる「ゆいまーる琉球の集い」と、400年を考えるシンポに参加する予定です。島の上で400年の侵略と植民地支配を考えてみたいと思います。
歴史上の解釈だけにおわるのではなく、400年前の侵略と植民地支配の歴史を踏まえて、今後の琉球の島々がどのように自治の道を歩むのかをしかっりと考えたいと思います。
スポンサーサイト



<< パラオの土地制度、台湾の医師団とソロモン諸島、日本のパラオ援助 | ホーム | 徳之島シンポジウムについて三七の会からのお知らせ >>


コメント

ありがとうございます

松島さん、ご丁寧なご返事ありがとうございます。
確かに過去の植民地支配をうやむやにされたくはありません。
しかし、今回は(多分、私の知る限り)初めて島津の子孫が琉球・奄美侵攻について公の場で発言するんじゃないでしょうか。その内容がわからないままで発言を阻止するのはどうかなと思ったのです。
先日、調所広郷の子孫も初めて奄美の地を踏み、新聞にも記事が掲載されました。その方は奄美に来ることを恐れていたそうです。間接に聞いた話ですが、調所広郷が行ったことの罪、そしてその後の薩摩藩の奄美への処遇について意外なお話をされています。小説ですが調所広郷の「薩摩燃ゆ」にも、その当時の薩摩藩を取り囲む状況、そして役目を負わした島津と苦悩した調所、そして奄美の役人たちが描かれています。
一概に薩摩vs奄美だけではすまない複雑な時代背景や人間関係があったと思います。
侵略された奄美・沖縄から”薩摩”とだけしない侵略者も、その内部には色んな立場・役回りの人々がいたんだろうなと想像できます。
ですから、今の沖縄・奄美の人々が単に侵略当時の薩摩の行いをとりあげるだけでなく、今の薩摩の人たちの言葉も聞いてみたいと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP