FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

徳之島シンポをめぐる森本さんの声と実践

本ブログでもリンクをはっている「あまみ庵」の森本さんが、徳之島でのシンポに参加され、次のような文書をご自身のHPに掲載されていますので、ご紹介します。島津藩侵略400年に対する奄美大島の人の怒り、真剣な姿勢、当事者性をもって島の記憶に対している生き方に心が動かされます。
森本さんは自らの実践を通じて、島津藩と奄美諸島との関係性を徹底的に問うています。

同時に、沖永良部島の集い、シンポに私は参加しますが、その責任の重さをひしひしと感じています。



▼きのう、徳之島からもどった。
「薩摩藩奄美琉球侵攻400年記念事業」(5/2)を見届けるため。

当日の講演会やシンポジウムなどには全く興味はなかった。
発表者の中で、聞きたかったのは唯一、地元の幸多勝弘氏の意見だけだったし、
実際、当日の登壇者の内容もその通りだった。

もし、幸多さんの発言がなかったら、
ナンセンスの極みのシンポジウムだったからだ。

が、急遽、徳之島入りしたのには重要な意味があった。
島津家32代当主の島津修久(71)が、徳之島で挨拶をするとの裏情報を得たからだ。
挨拶の内容を自分の目と耳で確認しておく必要性があった。

当日の内容については、
この問題を深く追求している、喜山荘一さんと松島泰勝さんの
ブログを参照していただくとして、マスコミには決して載らないネタを三つだけ紹介する。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

▼ 一つは、シンポジウム前の「秋津神社の境内」でのこと

奄美大島から徳之島入りした私たち4人は、お昼過ぎにお参りして、
新元博文の祝詞で慰霊祭を執り行った。

笠利町は津代の戦跡地で13年間やってきたことを、
ここでも同じようにやっていた。

塩と黒砂糖と黒糖焼酎をお供えして
400年前に島津軍との戦闘でなくなったという両軍350人の御霊に
深く慰霊の鎮魂を捧げた。

と、そこへ、
原口泉氏(当日のパネラー)が例のニコニコ顔でやってきたのだ。
当初、驚いた様子だったが、こちらへ近づいてきた。
初対面なので、「森本です」とだけ挨拶した。
「あー、あの本屋の森本さんですか」とだけの応答があった。

と、そこへ、今度は、
島津修久氏が参内してきたのだ。
私たちは、挨拶などせず、距離をおいた。

神主の案内で彼がお参りするのを観察した。
彼は、私たち普通の人間たちが、お賽銭やお供えなどをして、
「とーとがなし」をするようなことはしなかった。

神主に命じて、社殿正面にある
お賽銭箱やお供え物などを取り除かせた。
そして、正面から靴を脱いで、社殿に乗り込み、
直接、神棚の前でなにかしら祈ったのだ。

そうか、
彼は、島津斉彬(正一位)を祀る照国神社の宮司でもあるのだ。
我々庶民とは神霊にたいする向かいかたがまったく違うのだ。
彼は、いったい、誰に、何を祈ったのか?
聴く気にもなれず、私たちは境内を後にした。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
▼ 二つ目は、「申し入れ書」の件。

二日前から私は、「島津家当主の挨拶をとりやめてもらう」申し入れ書を作成し、
全国の知り合いを通じて送信してもらっていた。
その内容については、松島泰勝さんさのブログを参照してください。

申し入れの数について、当局から聴いてはいないが、「多数」あったそうだ。

実行委員会会長の高岡秀規・徳之島町長の開会の挨拶は、
「歴史の認識の仕方はそれぞれですが・・・」で始まった。
これは、申し入れ書を読めばわかるように、
この中にでてくる私たちの「歴史認識」を考慮したコトバである。

島津修久氏の挨拶にも、「反省、謝罪」の弁はなかった
これも、申し入れ書の抗議の内容に配慮して、
謝罪のあとにリンクするだろう様々な責任問題を忌避した結果だ。

両者とも私たちの申し入れ書に気を使い、
あらかじめあった原稿の内容を変えたのだろう。
まぁ、目的の一つは功を奏した、と言えよう。

ーーーーーーーーーーーーーー

▼ 三つ目は、「懇親会」でのこと

▽ ホテル西田で18時からあった。
幸多勝弘さんの計らいにより、私たちは飛び入りで参加させてもらった。
実は、あることを計画していたからだ。
それが実現した、想わぬところで。

トイレをしていたら
なんと島津修久氏がはいってきた。
連れションしながら考えた。
よし、ここでいい。
いや、ここがいい!

ワンは用意していたものを手渡した。
「400年分のお土産を届けに大島からきました。
これを受け取ってください」
黄色いポリ袋には短く切ったサトウキビが8本、
藁でしばられてはいっている。
「それはそれは、」
ワンに名刺を差し出してきた。
ワンは受け取った、が、名刺を持たないので、
「島ぬ世へ!
笠利町津代の寄合(ゆら)いから
1609年から400年の日に」
というワンの実名入りの長いメッセージを名刺代わりに手渡した。
これは、当日、シンポジウム会場のパンフレットに入れて、
300枚分、配布したもの。
が、入場者は650~700人もいたようなので、
ぜんぜん足りなかったやつだ

「これも、お土産で、著者からも許可を得てます」
『しまぬゆ』(義 富弘)と『奄美自立論』(喜山荘一)を手渡した。

無責任な謝罪などされてはたまらない。
この三点セットを熟読玩味してから出直して来い!
とは言わなかったが
思いは伝わったようだ。
顔と目に、顕れていたから。

▽ 懇親会は挨拶と余興の連続。
まるで、お殿様をお迎えしての哀れなシマンチュ同士の「植民地歓迎祝賀会」。
薩摩の植民地400年を現在から問うカケラもない。
ここは、どこなんだ?!
鹿児島の山川港か?!
山川でも2009年の催しがあると聞いているから、
といらいらしてたら
ほろ酔いで紅い顔した原口泉氏が焼酎をもってやってきた。
「森本さん、今日の感想はどうでしたか?レベルの高い内容でしたねぇ」
ときたから、こいつは!と思って
「何のため、誰のための会だかわかりませんでしたよ。」
「?」
「400年の記念事業なら、まずは黙祷をささげてから始めるべきでしょう」
「?」
「1,609年の戦没者にだけではありません。その後の、
餓死、飢饉、伝染病、一揆などなどで亡くなっていった徳之島の多くの先人に向けてです。
私は、そのために今日、ここにきたのです」
顔面蒼白になった原口泉氏は
「そういうことなら発言すれば良かったのに・・・」
もうあとは、開いた口がふさがらず、怒りが心頭に発する寸前になった。
悪いけど、席をはずしてもらった。

会次第や質問者の発言などは当局で入念に計画していて、
一言も口を挟めないようにしていたことは、
当日の会の内容(進行・侵攻)からして、自明の理すぎたからだ。

ーーーーーーーーーーーーー

と、まぁ、かくして「徳之島」の一日は終わった。
スポンサーサイト



<< トンガとイラク、パラオと台湾・中国、グアム基地反対運動 | ホーム | 徳之島での島津藩侵略400年シンポジウム >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


薩摩侵攻シンポジウム その2

 先日も「薩摩奄美琉球侵攻400年記念事業シンポジウム」ということでご紹介しましたが、「与論島クオリア」さんが「「琉球侵攻」400年 徳之島でシンポ」として朝日新聞の記事をご紹介しているので、その記事を読んだうえで思ったことなど、です。  各新聞・地...


 BLOG TOP