FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

トンガとイラク、パラオと台湾・中国、グアム基地反対運動

07年7月8月の太平洋ニュースをお届けします。
トンガと米国は緊密な関係にあり、トンガ軍も米軍と協力して、イラクで活動を行っています。「南洋の楽園」ではなく、これが島の現実です。


8/15 PIR
 トンガ兵がイラクに派兵される。

イラクで治安維持活動をしている米軍をサポートするために、8月18日にトンガ兵が出発する。フォノカラフィ隊長をはじめとする55人の兵士は、6ヶ月間バグダッドのビクトリーキャンプに駐屯する。ビクトリーキャンプは、バグダッド国際空港の近くにあり、4800人の民間人、4300人の軍人、400人のイラク人警備員等が勤務している。

米軍がトンガ軍に対して、制服、武器、食糧、住居、弾薬等を提供し、移動、通信、事前の訓練等の便宜を提供する。トンガ軍は8月18日に米国に向かい、2週間、訓練を受ける。そして9月1日にクェートに移動し、そこでも2週間、事前訓練を行い、9月16日にイラクに行く。

トンガ軍が初めてイラクに派兵されたのは、2004年の6月であるが、46人の軍人全員が無事に帰国した。今回は2回目の派兵となる。


パラオは台湾と現在、外交関係を結んでいますが、中国との関係を重視するパラオ人もおり、両者の綱引き関係は今も見られます。


8/23 PIR

 パラオにおいて台湾による援助で道路が完成するなか、中国との関係を強化しようとする動きがある。

レメンゲサオウ・パラオ大統領は、同国のエサール州政府に対し、パラオ政府が台湾と外交関係を締結しているという事実を尊重すべきであると求めた。8月17日、大統領はエサール州において台湾政府から援助によって完成した州道路の除幕式に参加した。

大統領は次のように述べた。「台湾が経済支援を行っているなか、中国と友好関係を確立しようとする動きがある。エサール州のリーダー達は私の任期が終わるまで待って欲しい。次の新しい政権が台湾との外交関係を続けるのかどうかを決めるであろう。」

大統領のスピーチの後、同州のデュアン・ヒデオ知事は、大統領の言葉は「強制的」な性格をもっており、他の国と友好関係を結ぶという我々の権利を認めていないと述べた。最近、知事のほか、ペリリュー州のニランガス知事、アンガウル州のホレイス知事、そして、ポリカープ・バシリウス氏(パラオ有数の企業家、前回の大統領選挙に出馬し落選)、デメイ・オトベッド氏等が、中国への親善旅行を行った。

ヒデオ知事、ニランガス知事は、パラオが本当の経済成長を実現するという目的を達成するための選択肢の一つが中国との関係強化であると述べた。


豪州人とチャモロ人が協力して、グアムの基地建設反対運動を展開しています。


7/2 PIR
 チャモロ人、豪州人がグアムの基地建設に反対をしている。

豪州人活動家が、チャモロ人と協力して、グアムの海軍基地、空軍基地における軍事機能の強化と、原子力潜水艦配備に反対する運動を展開している。

米国と豪州との共同軍事訓練「タリスマン・サブレ2007」に反対して、6月24日、豪州の中央クイーンズランドの近くにある米豪共同訓練場近くにおいて、数千人の人々が集まった。グアムからはチャモロネーションという団体が参加した。
スポンサーサイト



<< パンの木の実、北マリアナ諸島と日本人観光客、グアムの横井元伍長 | ホーム | 徳之島シンポをめぐる森本さんの声と実践 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP