FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

パンの木の実、北マリアナ諸島と日本人観光客、グアムの横井元伍長

07年7月の太平洋諸島ニュースをお届けします。太平洋諸島でよく見られるのがパンの木の実という植物です。私も食べたことがありますが、大変おしいかったです。



7/5 PIR
 パンの木の実が太平洋地域で資源として充分に利用されていない。

パンの木の実が食糧自給、収入源として太平洋地域のほとんどにおいて、充分に利用されているとはいえない。その理由は、諸政府や研究機関によってパンの木の実が低い評価しかされていないことにある。

またパンの木の実に関して多様な利用の方法についての知識がほとんどないことも充分に利用されない原因である。最初のパンの木の実に関するシンポジウムがフィジーで開催された。参加国は、スリランカ、トリニダード、ジャマイカ、ナイジェリア、タンザニア、ガーナ、ベニン、セイシェル、ミクロネシア連邦、サモア、トンガ、バヌアツ、ツバル、フィジーなどであった。

このシンポの目的は、アフリカ、カリブ海、太平洋の食生活においてパンの木の実の重要性を参加者が理解し、研究開発体制を確立し、情報を共有することで、パンの木の実の多様な利用を促すことにある。


サイパン、テニアン、ロタなどの島々からなる北マリアナ諸島。衣料産業の衰退、観光業の衰退などの経済問題が山積しています。


7/17 PIR
 北マリアナ諸島において日本人観光客数の観光客全体に占める比率が50%に減少した。

日本とサイパン間の航空路線がたった一つの国際航空会社によって運行されていることが原因で、北マリアナ諸島を訪問する日本人観光客数の観光客全体に占める比率が50%にとどまった。2005年に日本航空が同路線から撤退するまえは、日本人観光客数は年間約40万人程度であり、全体観光客の70%を占めていた。

しかし、今年において、日本人観光客数は約20万人になるだろうと見込まれている。日本人の中でサイパンを訪問したいと思っている人は潜在的に多くいると考えられるが、問題は日本とサイパンとの間を就航する航空機の数が減少したことにある。

今年の観光客数は39万3千人に落ち込むと予測されているが、日本人に次いで多いのが韓国人で全体の20%、中国人が19%等である。観光客数のピークであった1997年には約70万人の観光客が北マリアナ諸島を訪問した。


私がグアムに住んでいた頃、お客さんをつれてよく、横井ケーブに行きました。横井さんの生活はグアム博物館でも展示されています。


7/17 PIR
 グアムで横井庄一元伍長に関する展示会が開催されている。

太平洋戦争中の1944年から発見される1972年までの28年間、グアムのジャングルであるタロフォフォ地域で、米軍から身を隠して生活をしていた横井庄一元伍長に関する展示会がグアムで開催されている。

横井氏は夜中に食糧を求めて狩に出て、植物を利用して衣類、ベッドなどを作った。1972年に2人のグアム人が海老のわなを確認しに行った時に横井氏を「発見」するまで、横井氏は一人で生活してきた。生まれ故郷である愛知県に戻り、結婚をし、1997年に82歳で亡くなった。
スポンサーサイト



<< 石垣島の自殺問題 | ホーム | トンガとイラク、パラオと台湾・中国、グアム基地反対運動 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP