FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

石垣島の自殺問題

4月4日の八重山毎日新聞に石垣島の自殺問題についての社説が掲載されていますので、ご紹介します。島の開発にともない、アパート、マンションなどの集合住宅がふえ、隣人関係が希薄になり、島ならではの「ゆいまーる(相互扶助)」が切れていることが、自殺問題の要因の一つであると思います。

八重山諸島において過去5年の自殺率がこれほど高いことに驚きました。それだけ、島社会が病んでいる証拠であると思います。

これが島の現実です。このような島の現状を受けて、どのように人の繋がりを、再び結びなおすのかが琉球の自治の大きな課題です。



5年間で74人が命を絶つ

■精神的に不安定な時期
 4月は人事異動に伴う転入や配置換え、入社、新入学で多くの人の生活環境が変わ。とりわけ八重山は国・県の出先機関、学校が多く、毎年1000人ほどの人々が入れ替わる。1日には年度初め式が行われ、厳しい時代への決意も新たに業務をスタートさせた。

家族を残しての単身赴任、あるいは一家での赴任もあろう。1日も早く職場環境に慣れ、地域にとけ込んでほしい。数多くの離島を抱える郡内には、独特な伝統行事があるし、島ちゃび(離島苦)の悩みもある。行事に参加して見聞を広め、さまざまな課題克服に努めるよう望む。さらに積極的に地域ボランティア活動も行い、新しい生活を楽しもう。

 また、高校に入学する新入学生は、人生で最も思い出に残る時期だ。出会いを大切に多くの友をつくり、勉強・部活動に学園生活を満喫しよう。

 ただ、この時期は新しい環境に適応出来なくなるケースもある。精神的に不安定な状況に陥る人もおり、そのような場合には、不安解消に同僚や級友など周辺の人々の支えと協力が必要になる。

■高い中高齢者の自殺
 経済、社会情勢の大きな変化で近年はストレス社会といわれ、さまざまな要因で自ら命を絶つ自殺者が後を絶たない。

 八重山福祉保健所によると、2003―07年度までの5年間に郡内で自殺した人は74人にものぼる。八重山は中高齢者の自殺の割合が高いのが特徴だ。これは本島地区が自殺者の10%前後、宮古地区20%なのに対し、八重山は25%以上と突出している。さらに働き盛りの40〜50代も多い。

男性の自殺者の約3割は生活苦が原因といい、事態を重視した県は2006年から自殺予防キャンペーンを始めた。09年度には働き盛りの自殺対策として、メンタルヘルスや多重債務など経済問題への支援に力を入れ、石垣市も役所に多重債務の相談窓口を開設した。

 しかし、その機能は果たされているのだろうか。確かに行政間のネットワークは確立しているが、さまざまな理由で追い込まれた人々をどれだけ受け止め、サポートしているのだろうか。

■隣人との関係が希薄化
 今年に入り、八重山では特異な2件の自殺が起きた。40代女性が有毒ガス・硫化水素を発生させて死亡し、周辺住宅に2次被害の及ぶ恐れがあった。また夫婦と子ども3人の一家5人無理心中事件は、郡民に衝撃を広げた。

 自殺はさまざまな要因が重なって起きている。遺書のないケースが増え、原因を究明しにくい。
 ただ、昔といまと住民の生活環境は大きく変わった。核家族化が進み、両親や兄弟などとコミュニケーションをとりにくくなっている。

 さらに隣近所とのつきあいも希薄化した。共同住宅の増加で、隣近所を知らない世帯が増えている。悩みを相談すること自体が、次第に難しくなっているのは確かだ。

 地域の核となる公民館活動は伝統芸能の継承や交流レク、敬老会など定例行事に終始していまいか。地域住民の悩みや課題を掌握する視点は十分だろうか。

 プライバシーが重視される現在、それは難しいが、行政まかせにせず、知恵を出し、共に支え合う社会の再構築を考えよう。相互扶助精神のない島は味気ないものである。
スポンサーサイト



<< 第5回ゆいまーるの集いin沖永良部島への招待 | ホーム | パンの木の実、北マリアナ諸島と日本人観光客、グアムの横井元伍長 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP