FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

徳之島での400年シンポ

5月3日の南海日日新聞において徳之島で開かれた島津藩侵略400年に関するシンポについての記事が掲載されていましたので、お伝えします。




「未来への道しるべ」と題した薩摩藩奄美琉球侵攻四百年記念事業の講演・シンポジウム(同実行委員会、沖縄大学地域研究所主催)が二日、徳之島町文化会館で開かれた。

薩摩の琉球侵攻について、郷土研究家や歴史学者など六人のパネリストが、歴史認識を検証しながら、未来への発展につなげるさまざまな視点を提示した。

島津家の子孫で、第三十二代当主の島津修久さんも出席、秋津湊での犠牲者を祭る秋津神社を訪れたことを報告し、今後の奄美との交流を呼び掛けた。

 ことしは一六〇九年に薩摩藩の軍隊が奄美、琉球に侵攻して四百年。徳之島でも、現在の徳之島町亀徳で「秋徳湊の戦い」があった。同シンポは、歴史的な節目を契機に歴史認識を検証するとともに、現状を問い直し、鹿児島と奄美、徳之島、沖縄が共に連携を図り、未来へ向けて発展することが目的。

 同事業の実行委員会会長を務める高岡秀規徳之島町長と徳田毅衆議院議員らがあいさつした。シンポジウムは徳之島高校の吉満庄司氏がコーディネーターを務め、原口泉鹿児島大学教授、金城正篤琉球大学名誉教授、高良倉吉琉球大学教授、徳之島郷土研究会の幸多勝弘氏、奄美市文化財保護審議会委員の弓削政己氏の六人がパネリストを務めた。

 原口教授が薩摩藩と奄美について、金城教授が冊封体制と奄美、高良教授が琉球の視点、幸多氏が徳之島の視点からそれぞれ薩摩藩の侵攻について説明した。

 未来への展望について高良教授は「隣県同士でありながら鹿児島県と沖縄県、そして奄美の交流がこれまでは少なかった。この会をきっかけに交流を促進してほしい」と呼び掛けたほか、幸多氏は「徳之島の先人たちが厳しい時代を生き抜いたことを誇りにして未来につなげよう」と訴えた。

 弓削氏が基調講演の中で、薩摩軍の侵攻経路で新たな解釈を打ち出したほか、薩摩藩の直轄支配と琉球王府による冊封体制という二重の支配体制にあった奄美の状況を説明、「薩摩藩に黒糖を上納する直轄支配の厳しい時代でも、徳之島の人口が増えた時期がある。それだけ島民はたくましかった。主体性があった」と指摘した。
スポンサーサイト



<< 辺野古の環境アセス準備書をめぐる混乱 | ホーム | 第5回ゆいまーるの集いin沖永良部島への招待 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP