FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フィジーのスラム、台湾とWHO,グアムでの日米共同訓練

07年6月、7月の太平洋諸島ニュースをお届けします。
以前、フィジーに調査に行った際、スラムにいき、住民から話を聞いたことがあります。その他の太平洋諸島の都市部にもスラムはあります。


7/23 PIR
 フィジーの無断居住者が物価高と闘っている。

基本的な食料品の価格が高くなったため、フィジーに住む無断居住者の生活が困難になっている。ワイレア地区、ヴァトゥワカ地区にある無断居住者地域の世帯では生活が困窮している。タラ・マティ氏は衣料製造工場の労働者であり、2人の子供の母親である。

彼女は給料のほとんどが食費として消え、バス代等しかお金が手元に残らない。ある会社経営者も、政府が物価を下げる政策を実施しないと、利益が上がらないと述べている。


今年4月WHOへの台湾のオブザーバー参加が初めて認められました。太平洋島しょ国に対する台湾の経済支援の背景には、国際的活動に対する支援への期待があります。


7/23 PIR
 台湾政府が、WHO加盟にパラオが支持してくれたことに感謝した。

台湾政府は、WHOへの加盟申請をパラオ政府が支持したことに対して感謝の意思を示した。今年は、台湾がWHOのオブザーバーとして加盟申請して10回目の年になる。しかし、中国の妨害により、今年のWHOの会議において台湾の加盟問題は討議事項に含められなかった。

台湾政府関係者は次のように述べている。病気には国境がなく、WHOへの台湾の加盟は、国際的な公共衛生問題において重要な問題である。この問題は台湾の2300万人の人々の基本的人権とも深く関わっており、台湾がWHOに加盟しないことは、国際的な伝染病予防体制にとっても大きな欠陥となる。


現在、毎年のように米軍と自衛隊との共同訓練がグアムで行われています。


6/6 PIR
 日米合同の軍事演習がグアムで予定されている。

グアムのアンダーセン空軍基地において6月11日から22にまで米空軍と航空自衛隊との共同軍事訓練「コウプ・ノース」が行われる。「コウプ・ノース」は両軍の協力関係を強化し、日本防衛のための能力を改善することが目的である。

北朝鮮と中国は東アジアにおける軍事力を強化しており、日本に対して脅威となっている。そのような緊張関係の中で日米共同軍事訓練が実施されるのである。今年の訓練では、航空自衛隊のF2戦闘機が初めて日本国外における演習に参加する。

最初の「コウプ・ノース」は三沢航空基地において1978に実施された。同訓練は、太平洋において最も長い期間にわたって実施される軍事演習の一つである。
スポンサーサイト



<< 今日から琉球に行ってきます | ホーム | 辺野古の環境アセス準備書をめぐる混乱 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP