FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

沖永良部島の集い 4

IMG_4709.jpg
左が奄美大島の新元さん、右が明治学院大学の竹尾さんです。新元さんの野性的な風貌と、行動にいつも感動しています。今回の集いでも、ダジャレで皆を笑わせ、大声で、元気のでる島の唄を歌って心を和ませてくれました。新元さんのご発言には一つ一つ島の知恵が含まれており、考えさせられます。

IMG_4710.jpg
竹尾さんは前回の西表島に次いで2回目の参加です。今回は大学の同僚の先生をお連れ下さいました。インドネシアの歴史を研究している大木さん、ネパールの地理学をされている森本さんです。あまみ庵の森本さんが提起されている、裁判で400年間の植民地支配を日本政府に認めさせたいということについても、16日の夜、相談に乗ってもらいました。私が院生のころからいろいろと教えてもらっている先生です。

IMG_4711.jpg
手前は藤原社長、奥が高良さんです。藤原書店から今年、後藤新平の『自治』という本が発刊されました。16日の集いでも社長は、後藤の本を通じて、自治の話をされ、後で「島の方々も、大変良いはなしだった」とおっしゃっていました。自治という文化運動を琉球、日本、世界全体に広めたいという、社長の情熱を感じた日々であり、多くのことを学びました。

IMG_4712.jpg
右が社長の二男の洋亮さんで、左が高良さんです。洋亮さんは現在、藤原書店の社員でもあり、今回、記録、写真撮影、本の販売、各種の事務等、てきぱきと仕事をこなしていました。非常におおらかで陽気であり、いろんなことを学んでいこうという謙虚さもあり、また、進んで議論もしようという意欲が充ちていました。高良さんと議論しているところです。

高良さんは本当に元気になられて良かったです。大変、快活であり、思いやりがあり、同時に感性が鋭く、現在、心に残る発言をされています。最近、思潮社から『ガマ』という詩集も出版しました。
本の帯には「その母の子宮の中 小さな私の命が宿っている ガマから生まれた 戦後の命が」と記されています。ガマとは琉球の地下にある洞穴であり、戦争中は島の人々が身を隠して命を守ってきました。

IMG_4713.jpg
久岡さん、藍澤さん、石坂さんが左から写っています。久岡さんは、物事の本質を見極め、妥協を許さない、しっかりとした基盤に立つ、ジャーナリストです。酒の席で久岡さんが話されたことは、今でも耳の底に残っていることが多いです。本当に奄美諸島が好きな藍澤さんですが、また、ぜひとも沖永良部島をはじめとする島に来てほしいと思います。石坂さんとは今回、船の往復が一緒ということもあり、いろんな話をしました。石坂さんのこれまでの生き方から学ばせていただきました。

 


スポンサーサイト



<< 沖永良部島の集い 5 | ホーム | 沖永良部島の集い 3 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP