FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

沖永良部島の集い 5

IMG_4714.jpg
沖永良部島の青年たちです。真ん中の青年は高良さんを1日かけて案内し、翌日の集いでも、生花を提供してくれた、花屋を営む出村さんです。隣は、農業を営む兄弟です。3人とも目が鋭く、やる気にあふれた青年たちでした。このような島の青年が自治の担い手です。青年のちからによって、この島の自治を実現してほしいと思います。

IMG_4715.jpg
ホテルの入り口にあった看板です。前利さんのご尽力で、今回は集いとシンポジウムの同時開催となりました。集いの参加者はこれまで同様、皆さん手弁当での参加です。このような有志の皆さんに心から感謝したいです。

IMG_4737.jpg
16日目は、朝10朝から夕方5時まで、島の自治について話し合いました。この写真は朝の早い時間です。午後から参加者の数がさらに増えていました。沖縄大学からも後藤さんご夫妻が参加して下さいました。沖縄大学の地域研究所も400年シンポ、島の自立・自治に関心があるようですので、今後、協力していきたいです。藍澤さんの隣の方は、先祖が琉球で初めて麻酔方法を中国からもたらした方のご子孫です。南琉球にゆかりのある方々も来て下さいました。

IMG_4738.jpg
藤原社長が、後藤新平の『自治』に基づきながら、自治について話されているところです。出村さんをはじめ、島の方々を朝早くから参加して下さいました。会場は知名町の公民館であり、近くには海があり、海風が心地よかったです。

IMG_4739.jpg
久岡さんも朝から夕方まで取材されていました。本当に島に対する思いが深いジャーナリストであると思います。奄美大島宇検村の時も朝から深夜の飲み会まで、徹底的に議論にかかわっていました。藤原社長の隣に前利さんがいます。午前中の報告は前利さんが、写真を使って島の歴史、文化について話して下さいました。米軍統治下における島人の抵抗の歴史、島民の長崎や神戸への移住の歴史、「月の中の一本足」の伝説がもつ歴史の独自性等について、貴重な写真を使って説明してもらいました。





スポンサーサイト



<< 沖永良部島の集い 6 | ホーム | 沖永良部島の集い 4 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP