FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

沖永良部島の集い 6

IMG_4741.jpg
前利さんの話のあと、高良さんが現在、沖縄島で行っている活動について話されました。島津藩侵略400年の意味、琉球の自治・独立の意味等について、資料をもとにして話されました。大変、力強く話されたのが印象的でした。

IMG_4742.jpg
島の青年、出村さんが、本集いのために提供して下さった生花です。非常に可憐な生花で、会場を華やかにしてくれました。また出村さんの島の花に対する愛情の深さ、つまり島を思う心の深さを生花から感じられました。自分の仕事を自ら工夫してつくっていく青年たちが島では必要とされています。

IMG_4743.jpg
前列が島の長老であり、前利さんの島の歴史の話をうけて、歴史の証言をされてくださいました。島の長老たちのご意見には、文字には残されていないものが多く、大変、勉強になります。このような集いによって島の長老たちの声を伺うことができ、大変幸せです。歴史的文献を重視する歴史学者には無視されがちが島の記憶が蘇った瞬間でした。

IMG_4747.jpg
今、お名前を失念してしまいましたが、写真の方には17日の午前中、マイクロバスで島を案内して下さってもらいました。古代から近代までの島の歴史がよく分かりました。このブログでは紹介しきれないほど、生の島の歴史について、集いは話してくださいました。後ろの写真は沖永良部島です。南が知名町、北が和泊町があり、知名町の方が南琉球に対する愛着度が大きいと聞きました。

IMG_4751.jpg
昼御飯のとき、食堂で食べた「沖縄そば」です。後日、奄美諸島の名物である鶏飯も食べましたが、
様々な文化が融合している島であることを食事から理解しました。味は大変、おいしかったです。コーレーグースもありました。



スポンサーサイト



<< 沖永良部島の集い 7 | ホーム | 沖永良部島の集い 5 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP