FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

沖永良部島の集い 7

IMG_4752.jpg
役場を51歳で退職し、その後専業農家として、創造的な農業をされている、宮内さんが、愛情をこめて島の農業について話されました。「この方は、本当に農業が好きなんだな」と思いました。沖縄島に住んでいる子供さんと協力して、沖永良部で栽培された作物をフリーマーケットで販売したり、沖縄市にアンテナショップを開くなど、琉球の島々をつなぐ農業を展開されています。後ろにいた方も、宮内さんの話を聞いて、大変参考になったと仰っていました。

IMG_4753.jpg
次に、13年前に島に移住した多田さんが自らの経験を話されました。島には知り合いもいなかったが、島の方々に助けられて、農業をやりながら、これまで島で生きてきた話をされました。新しい生活場所で零から始めることの大変さを切々と訴えていました。この島で生き切るという真剣さが伝わってきました。いやになったらすぐ帰るという、お気楽な移住者とは全く違う人の生き方をされてきたのが多田さんです。

IMG_4754.jpg
宮内さんの話を聞いて、和泊で農業をされている方が発言をされています。工夫次第で良い農産物ができることが宮内さんの話から分かったと仰っています。またご本人の島での農業生活についても語られました。島では農薬を多用する場合もあり、夏は暑くマスクをしなかったため、早死にした方もいたそうです。他方では、農薬の価格が高騰しているため、あまり農薬を使わない農業も広まりつつあります。エコファーマーと呼ばれる環境に配慮した農家も増えています。

IMG_4756.jpg
石坂さんも、現在お住まいになっている沖縄市における菊栽培にともなう農薬問題について話されました。また沖縄では夏野菜をつくらないのに、なぜ、沖永良部ではつくれるのかについて質問をしていました。多田さんのとなりに西浜さんがおります。

IMG_4757.jpg
知名町でガソリンスタンドを経営されている、東山さんが昨年、島のガソリン価格が200円をうわまった
こと、島において様々な付加的経費がかかるという、島嶼経済の問題を指摘されました。沖縄県の場合は復帰特別措置の暫定税率により価格を抑えられており、沖縄県と沖永良部が一緒になれば、島の物価高騰問題が解決される可能性があると述べました。しかし、沖縄県の島々でもガソリンの価格は高騰しましたので、復帰特別措置だけでは問題は解決しないのではないかと考えます。国境、県境をこえた流通網の整備、国としての離島物価高騰問題対策を島人同士で協力して訴え、対策を考え、実行するなど、自らの力で問題を解決していくことが重要であると思います。





スポンサーサイト



<< 沖永良部島の集い 8 | ホーム | 沖永良部島の集い 6 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP