FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

沖永良部島の集い 8

IMG_4758.jpg
次に報告された皆吉さんは、祖父、父親の代から南琉球と沖永良部島との関係を強めるための活動をされており、皆吉さん自身も沖縄州への沖永良部島の統合を主張されました。他の参加者からも南琉球に対する熱い思いの声が出て、私自身、面映ゆくもあり、また同じ琉球文化圏の仲間であることも改めて感じました。

ただ、道州制という法制度が実現すれば、繁栄する、自治が実現するのかという疑問があります。道州制は国主導の「地方分権化」政策であり、市町村合併の拡大版でしかありません。国は大きな権限の移譲をせずに、補助金だけを減らすでしょう。

また沖永良部島が沖縄州の一部になった場合、沖縄諸島の北部に位置付けられます。そうすれば、米軍基地の移設場所、軍事訓練場として島が使われ、さまざまな事件事故が発生するおそれもあります。沖縄と一体になるということは、基地を引き受けることとセットになるおそれも高くなると思います。

県境を越えた経済的交流、文化交流を住民自治によってさらに深めていく必要があります。このゆいまーるの集いも、島嶼間の連合を強化することが目的の一つです。

IMG_4759.jpg
あまみ庵の森本さん、そしてお隣の久保田さんがおられます。森本さんが主宰されている三七の会の活動、徳之島のシンポ模様について、このブログでも紹介させていただきました。久しぶりにお話をさせていただきました。久保田さんは娘さんに琉球音楽を習わせ、年に何回も南琉球に行くそうです。南琉球のラジオを聞いても、沖永良部島の言葉と同じであり、一緒になればいいと語ってくれました。

IMG_4760.jpg
宮當さんも、南琉球と沖永良部島との言葉が同じであり、皆が住みたいと考えている沖縄とさらに交流したいと発言されました。他方、沖縄の人は沖永良部島のことをよく知らない、どこにあるのかわからない人が多いとも指摘されました。南琉球の人の目が奄美を飛び越えて、日本本土に注がれているのではないでしょうか。反基地運動、近代化への希求にしても。奄美をどのように沖縄の人間が認識しているのかが問われています。

IMG_4762.jpg
この集いが始まる2週間ほどまえに、森本さんから「日本政府の奄美諸島、南琉球、アイヌに対する植民地支配を問う裁判を起こしたい」という問題提起をうけました。400年間の植民地支配を、近代法、現代法を前提とする裁判所に、前近代を含む植民地支配をどのように訴えるのかについて、国際法の研究者等、知人に相談しました。その相談の結果、私自身が考えていることを含め、16日の交流会が終わった後、公民館の芝生にすわって話し合いました。その場には森本さん、向原さん、村山さん、竹尾さん、斎藤さん、明学の森本さんがおりました。

森本さんの提起は、400人にわたる植民地支配に強くこだわる人間が奄美にいるということを、私自身につきつけるものであると受け止めました。島津藩の奄美支配を世界史の中で考えることによって、その植民地支配の実態と構造を明らかにすべきであると、一研究者として考えています。それは17日の400年シンポの内容とも関係します。

IMG_4763.jpg
農業・移住・商工業・道州制、自治など、島のいま、将来の話と、400年前の島津侵略という歴史の話を同時に伺うことにより、長い歴史の視点で沖永良部を考えることができたように思います。島の歴史や文化をふまえて、今の島の現状をどのように認識するのか、これからの島をどの方向にもっていくのかが各参加者にとって自らの問題として考えることになったのではないでしょうか。400年の植民地支配は、現在、そして将来の問題と直結しているのであり、400年間の植民地支配を打破できるのは自治しかないという確信が私の胸にわいてきました。

スポンサーサイト

<< 沖永良部島の集い9 | ホーム | 沖永良部島の集い 7 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


続「ゆいまーる琉球の自治in沖永良部」

 松島さんが「ゆいまーる琉球の自治in沖永良部」をレポートしてくれるおかげで、新


 BLOG TOP