FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

沖永良部島の集い9

IMG_4764.jpg
右から南方新社の向原社長、南日本新聞の元ジャーナリストで現在、鹿児島大学の教員の杉原さん、藍澤さんです。向原社長は、奄美諸島にこだわった多くの手堅い本を出版されており、先日も喜山さんの『奄美自立論』を出版しました。鹿児島において400年に関する関心が大変低いことを指摘されました。また関東武士団である島津氏が鹿児島にやってきて、地元民を支配したのであり、「薩摩藩」ではなく、「島津藩」の侵略という言い方が適切であるとの問題提起をしました。社員とともに農業もされており、本島に地域に根ざした編集者だと思います。

IMG_4765.jpg
出村さんが鋭い意見を述べてくれました。鹿児島の教員、公務員は奄美諸島にくるとき「僻地手当」をもらうが、奄美諸島の教員等が鹿児島にいっても「僻地手当」を貰わないのはなぜか。そもそも「僻地手当」という名前が差別的である。鹿児島に県庁等の行政の拠点があると、遠く離れた沖永良部から時間、費用のコストがかかりすぎる。特に和泊町の学校では西郷隆盛の肖像を掲げているが、それは一種の「洗脳」ではないか。島が明治維新に貢献したことよりも、島が砂糖地獄によって大変苦しんだことをこそ教育してほしい。

宮古八重山諸島に行く教員、公務員も「僻地手当」を貰っています。島と島との間に差別を制度的に設ける仕組みが現代の日本社会にあります。人間関係が緊密で、文化や自然が豊かな島を「僻地」とみなす近代人の視線の貧しさが、この言葉に示されています。

IMG_4766.jpg
沖縄島の名護から参加して下さった村山さんです。辺野古の運動、400年を問う会の活動をされている方です。非常にゆるやかな雰囲気をもちながらも、物事の本質をしっかり把握されている、芯の強い女性です。私は今回船で沖永良部に来ましたが、沖縄島北部と沖永良部が非常に近いことを実感しました。北山文化圏という共通性もあり、今後、人と人との交流が盛んになれば、県境を越えて実質的な島嶼間の連合ができると思います。村山さんも、今回、集いで出会った、新元さん、森本さんをぜひ、名護に呼んで、住民との対話集会で話してもらいたいと言ってました。人と人とがつながれば、島と島ともつながっていきます。

IMG_4767.jpg
宮内さんが「本当に農業は楽しい」と語った場面です。一袋100円のジャガイモ、鉢植えのユリ、沖縄島にあるフリーマーケット、アンテナショップでの販売など、創意工夫をこらしながら農業をされています。基地跡地利用を農地として利用している読谷村からも宮内さんは呼ばれて、農業指導もされているそうです。琉球の島々の間にモノが流通し、技術の共有による島と島との助け合いがみられます。



スポンサーサイト



<< 沖永良部島の集い10 | ホーム | 沖永良部島の集い 8 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


続々、「ゆいまーる琉球の自治in沖永良部」

 「ゆいまーる琉球の自治in沖永良部」のレポート・ウォッチングを続ける。  「沖


 BLOG TOP